海外FXの部屋

1,000倍のハイレバ&追証なしの海外FX!

ハイレバ&追証なしが魅力の海外FX

当サイトは海外FXに関する情報をわかりやすく伝えることをモットーに、海外FX業者の情報や海外FXのトレードに役立つ情報を配信しています。

海外FXはその名の通り、日本国内ではなくグローバルに展開する海外の会社で行うFXです。

最大の特徴は「ハイレバレッジで取引が可能」なこと、また「追証が発生しない」ことです。

海外FXのメリット
  • 1,000倍近い超ハイレバレッジで取引が可能
  • ゼロカットで追証が発生しない

国内のFXのレバレッジは25倍程度

レバレッジの大きな違い

国内のFXでは金融庁によりレバレッジが規制されていて、差し入れた保証金の額の25倍程度までしか取引ができなくなっています。

一方で国内の規制の影響を受けない海外FXでは、400倍を超えるハイレバレッジでの取引が可能で、中には1,000倍のレバレッジで取引できる業者もあります。

FXは資金効率が命ですので、ハイレバレッジの取引は大変メリットが大きいです。

ゼロカットで「追証」がない

損失は入金額までで 安心して取引できる

また、「ゼロカット」を導入していて、追証がないのもメリットです。

海外のFXはゼロカットと言われ、保証金がマイナスになった時に業者がマイナス分を補填してくれるサービスが主流です。

国内FXのように保証金がマイナスになり追証が発生することがありません。

相場急変時に 借金を負うこともある

FXでは相場急変時にうまく約定ができず、大きく損失が発生することがあります。

結果として口座残高がマイナスになることもあり、国内FXではマイナス分は追加で証拠金(追証)を入れる必要があり、FX会社に借金をすることになります。

この追証が原因でFXから撤退するだけでなく、人生を狂わせてしまう人もいますが、海外FXなら損失はどんなに大きくても口座に入金した額までに限られます。

国内のFXではスプレッド競争が加速していて世界でも有数のスプレッド水準になっていますが、ゼロカットやレバレッジにおいては国内で規制をして、グローバルなサービスからは少し置いていかれています。

海外FXはスプレッドこそ少し広いですが、ハイレバレッジで取引ができるということで資金量の少ない人をはじめ、効率を求める投資家から選ばれています。

ゼロカットがあることで安全性も高いので、安全に大きな利益を狙いたい人におすすめです。

おすすめ海外FX会社

XM(エックスエム)
5.0

XMはレバレッジ最大888倍ゼロカットがあり、最大50万円の超充実ボーナスで人気No1の海外FX業者です。
リクオートや約定拒否なしの注文方針を採用しており、希望通りの注文ができる約定力にも定評があります。

運営歴は2019年現在で10年目を迎え、口座数も150万口座超で信頼性もバツグン!海外FXを始めるならまずはXMがおすすめ。
口座開設だけでも3,000円のボーナスがもらえて、ボーナスだけの取引もできるので、入金なしで取引できます。
(ボーナスを受け取るにはスタンダード口座かマイクロ口座を選択する必要があります)

最大レバレッジ 888倍
通貨ペア 57種類
スプレッド(ドル円) 1.0pips
追証ゼロ 対応(追証なし
ロスカット水準 20%
ボーナス 口座開設3,000円ボーナス
入金ボーナス最大50万円
取引ごとにたまるポイントボーナス
最低入金額 500円
ライセンス セーシェル金融庁
取引形態 NDD STP/ECN
Titan FX(タイタンFX)
4.7

Titanfx

Titan FXは業界最狭クラスのスプレッドで、取引コストの低さが魅力の海外FX会社です。

ボーナスがない分をスプレッドに還元していて、取引回数が多くスプレッドを何より重視したい人におすすめ。

また、レバレッジ制限なしで、ロスカット水準も20%と低めに設定されており、常にハイレバレッジで取引が行うことができ、高い約定能力も人気の理由です。
完全日本語対応でサポート体制も万全なので日本人も利用しやすいFX業者です。

最大レバレッジ 500倍
通貨ペア 63種類
スプレッド(ドル円) 0.33pips
追証ゼロ 対応(追証なし
ロスカット水準 20%
ボーナス なし
最低入金額 20,000円
ライセンス バヌアツ共和国金融当局
取引形態 NDD STP/ECN

海外FXは違法業者?

海外FXと聞くと「胡散臭い」「信用して良いの?」と不安に感じる人もいると思います。

通常、国内のFX会社は日本の金融庁や財務局に認可された上で営業をしていますが、海外FXで金融庁に認可されている業者はありません。

これは日本の金融庁に認可を受けるには、レバレッジなどの規制をしないといけませんし、損失補てんも禁止されているためゼロカットも行うことができなくなるからです。

このような状況のため、海外FX会社では日本の金融庁の認可を受けていないんですね。

では、日本の金融庁の認可を受けていない=危険かというと、必ずしもそうとは言えず、その分、各海外FX業者では別の国のライセンスを取得して営業をしています。

海外のライセンス基準は様々ですが、日本よりも厳しい国もありますし、そもそも怪しい会社は海外のライセンス取得を目指すことすらしませんので、海外FX会社の信頼性を測るには「ライセンス取得をしているか」が一つの指標となります。

また、多くの海外FX会社では顧客から預かった資金と自社の資産を分別保管していて、安全に保護されています。

出金拒否をしたことがない会社もありますので、「ライセンス所持」「分別保管」「出金拒否なし」の会社を選んでいくことで安全に海外FXでトレードしていくことができます。

不安な方は100万以上の口座開設がある大手のXMがおすすめです。

XMの詳細を見てみる

海外FXのはじめ方

STEP1:海外FX会社を選ぶ

海外FXをするには、海外FX会社(取引所)に口座開設する必要があるので、まずは自分にあった海外FX会社を選びます。

当サイトでは主要海外FX会社の「レバレッジ」「ゼロカットの有無」「スプレッド」「ボーナス」などを比較してまとめていますので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい

STEP2:口座開設をする

取引するFX会社が決まったら、口座開設をします。

口座開設の流れや必要書類はFX会社によって異なりますが、口座開設自体は本人確認書類不要でメールアドレスのみでできるところも多いです。
(取引までに本人確認書類などを提出する必要があります)

例として人気No1のXMの口座開設の流れを紹介していますので、参考にしていただければと思います。

STEP3:入金をする

口座開設をしたら入金をします。

入金方法も各社で異なりますが、bitwalletやSTICPAYなどの電子ウォレットから入金をしたり、クレジットカードや海外送金(銀行振込)で入金をするのが主流です。

ちなみにXMでは口座開設のみで3,000円のボーナスがもらえて、ボーナスのみのトレードも可能なので、入金なしでトレードをはじめることができます。

あわせて読みたい

STEP3:取引をする

口座に取引可能な資金を入金できたら、いよいよ取引開始です。

取引したい通貨を選んで、チャートを見て分析し、タイミングを見て買い(ロング)か売り(ショート)の注文を出してみましょう。

海外FXではMT4という取引ツールでトレードをするのが主流になっていて、中には独自ツールを提供している会社もあります。

MT4を使い慣れている人なら、どこの会社でも同じようにトレード可能ですし、色々な会社のボーナスを使ってトレードするのも良いですね。

ボーナスがある海外FX会社

新着記事

FXにおけるレバレッジとは、てこの原理を利用し、証拠金を担保として自己資金の何倍もの取引を可能とするしくみです。 レバレッジの倍率が高い方が、より少ない自己資金で大きな取引が可能となりますが、その反面、リスクも大きくなるため慎重な取引が必要とされます。 この記事では、日本国内のFX会社の最大レバレッ […]

取引プラットフォームにMT5を利用する海外FX会社が増えてきました。 MT5はMT4の後継機として登場しましたが、MT4ほど普及していないため、出金に関する情報が少なく、詐欺にひっかかる可能性もあるため注意が必要です。 この記事では、MT5で出金できない時の原因と対処方法・確認したいことについて説明 […]

海外FXをする際に、スプレッドの狭い海外FX会社を選ぶことは重要です。 スプレッドとは買値と売値の差額で、この差額が海外FX会社の利益となりますが、トレーダーにとってはコストとなります。 FXGiantsはスプレッドが狭い海外FX会社として有名です。 この記事では、FXGiantsのスプレッド一覧、 […]

海外FXでは、手数料がいくらなのかを確認しておかないと、不要な負担を強いられることになってしまいます。 また、海外FX会社により手数料のルールや金額は異なります。 この記事では、海外FX会社のIS6FXで手数料がかかるケース、サービスについて紹介します。 IS6FXで手数料がかかるケース、サービス […]

最大レバレッジ888倍の海外FX会社と言えばXM、というほど、XMの最大レバレッジが888倍ということは浸透していましたが、そのXMが最大レバレッジを1,000倍に引き上げました。 新規にXMに口座開設するかたはもちろん、従来のXM利用者も簡単な手続きで最大1,000倍のレバレッジを利用できるように […]

WL(ワンダーランド証券)は、2020年5月にサービスを開始した海外FX業者ですが、2021年に入ってから出金拒否や出金遅延の被害が多く報告されるようになりました。 新興のFX業者には、信頼性に欠けるケースも多々ありますが、WLがそれに当てはまるのかどうか、検証しました。 この記事では、WL(ワンダ […]

海外仮想通貨FX業者のBitterz(ビッターズ)は、2020年4月よりサービス提供を開始しました。 仮想通貨FXが可能な取引所は多くありますが、Bitterzには独自の優位性があり、日本人が利用しやすいなど良い評判がある一方、悪い評判も耳にします。 この記事では、Bitterz(ビッターズ)の特徴 […]

Bitterz(ビッターズ)は、2020年4月に設立された新しい仮想通貨FX取引所です。 仮想通貨FX専門の会社のため、仮想通貨の扱いに慣れていないかたは出金などの際に苦労するかもしれません。 この記事では、Bitterz(ビッターズ)の出金拒否・出金遅延被害の内容、Bitterz(ビッターズ)の出 […]

海外FXで利用できる出金方法は業者ごとに異なり、時代に応じて変化します。 出金方法の選択を間違えると、出金まで時間がかかりすぎたり、手数料が高額となったりすることがあります。 この記事では、海外FXで利用できる出金方法と主な特徴、手数料が安く出金が早いおすすめ出金方法について説明します。 海外FXで […]

海外FX業者の入出金に、メガバンクである三井住友銀行を選択するかたは多いでしょう。 とはいえ、日本国内では安心して使うことができる三井住友銀行でも、海外FXに使うのは不安になるのは当然です。 この記事では、三井住友銀行で入出金できる海外FX業者について紹介します。 三井住友銀行で入出金できる海外FX […]