出金スピードが早い海外FX業者と各業者の出金にかかる時間

海外FX業者を選ぶ際、出金スピードの速さは非常に重要です。

業者により出金方法が異なる上、日本の金融庁からの規制強化やルール変更などにより、便利な出金方法をいきなり使うことができなくなることがあるためです。

手数料が安く出金スピードが速い海外FX業者と、海外FXの出金ルール、主要海外FX業者の出金方法ごとの着金所要時間・出金手数料をまとめました。

手数料・出金スピードが早い海外FX業者はどこ?

手数料・出金スピードが早い海外FX業者はどこ?

出金手数料が安く、出金スピードが早い海外FX業者は、出金方法にクレジットカードやオンラインウォレットなどが選択できます。

また、過去の出金実績や、最新の出金ルールの変更もふまえ、どの海外FX業者を利用すべきか、検討する必要があります。

出金方法の多さも大事なポイントです。

国際銀行送金による出金は、ほとんどの海外FX業者で可能ですが、出金手数料が4,000円以上で、最低出金額も多いです。

オンラインウォレットはとても便利な出金方法ですが、これまで利用可能だったオンラインウォレットが、いきなり使えなくなるなど、出金方法としてやや不安定です。

一部、ビットコインによる出金に対応している海外FX業者も存在しますが、ビットコインは相場変動が非常に大きく、利用をとりやめる業者もあるため、こちらも注意が必要です。

以上をふまえ、手数料が安く出金スピードが早いおすすめの海外FX業者は、XM・Axiory・FBS・TitanFXなどです。

XMの詳細を見てみる

Axioryの詳細を見てみる

FBSの詳細を見てみる

TitanFXの詳細を見てみる

海外FXの覚えておきたい出金ルール

海外FXの覚えておきたい出金ルール

海外FXの出金ルールは、概ね以下のとおりです。

まず、前提として海外FXの出金方法は、入金方法と同じ方法となります。

その上で、出金方法や限度額に制限がある場合や、入金方法に対応した出金方法が存在しない場合などに、入金方法とは異なる方法で出金することとなります。

出金方法の中で、最も優先されるのが、クレジットカード出金です。

クレジットカードによる出金は、ほとんどの海外FX業者において出金手数料が0円で、出金処理は数営業日で反映されます。

海外FXでクレジットカード入金すると、ショッピング扱いとなるため、出金はそのショッピングの返金を意味します。

そして、複数の方法で海外FX口座に入金した場合でも、クレジットカード出金が優先されます。

海外FXトレードで利益が出た場合、クレジットカード入金額を口座残高が上回ることがありますが、その場合は、差額分をオンラインウォレット銀行送金などで出金できます。

ビットコインによる出金も同様に、入金額まで出金が可能です。

オンラインウォレットによる出金は、手数料が安く出金スピードも早いですが、オンラインウォレット口座から国内銀行に送金する際に、手数料が必要です。

bitwalletなど、入金額以上の出金が可能なオンラインウォレットもありますが、マネーロンダリング防止などの観点から、クレジットカード出金と同様に、入金額を限度に出金可能となっている海外FX業者が増えています。

主要FX業者の各出金方法ごとの着金所要時間・出金手数料

XM

XM

XMは、出金方法が豊富で日本人に人気が高い海外FX業者ですが、出金ルールの変更があるため、注意が必要です。

XMでは、ポジションを保有したままでも、出金後の証拠金維持率が150%を超えていることを条件に出金が可能です。

最低出金額は、国際銀行送金の場合は約10,000円で、その他の場合は500円です。

XMで利用可能な出金方法は、国際銀行送金クレジットカードbitwalletSTICPAYBXONEの5通りです。

以前はビットコインによる出金が可能でしたが、現在は停止されています。

また、以前はトレードによる利益分をbitwalletなどのオンラインウォレットにより出金できていましたが、2019年より、クレジットカードと同様に入金額までしか出金できなくなっています。

そのため、トレードによる利益分を出金したい場合は、国際銀行送金のみ利用可能です。

利益額までは、オンラインウォレットによる出金スピードが最も早く、24時間以内に反映されます。

オンラインウォレットによる出金手数料は無料ですが、国内銀行に送金する場合の手数料がbitwalletで最大824円、STICPAYで出金額の1.5%+800円、BXONEで1%(最低2,000円)必要です。

XMの詳細を見てみる


Axiory

Axioryは、出金方法がとても多く、特に他の海外FX業者ではほとんど使われていない、国内銀行送金を利用できるのがメリットです。

出金手数料は、約20,000円以上の出金の場合は無料ですが、それを下回る場合は一律約1,500円が必要です。

オンラインウォレットのうち、NETELLERとSkrillは日本でのサービスを停止しているため、選択できず、STICPAYのみ利用可能です。

国内銀行送金は、現在では金融庁の規制によりほとんどの海外FX業者では利用できませんが、Axioryでは利用可能です。

国内銀行送金は、国際銀行送金とは異なり国内の銀行の手数料のみで済むため格安で、出金反映も、24時間以内に行われます。

Axioryの詳細を見てみる


Titanfx

Titanfx

Titanfxは、クレジットカード出金や国際銀行送金が利用できますが、bitwalletによる出金が最も便利です。

ポジションを保有したままでも出金可能ですが、余剰証拠金の90%未満の金額までとなります。

bitwalletは、出金手数料は必要ありませんが、ウォレット口座からの出金時に、最大824円の手数料が必要です。

bitwalletからの出金は、Titanfxで処理後に即時反映され、最短30分です。

ただし、bitwalletのメールアドレスは、Titanfx登録時のメールアドレスと同一である必要があります。

TitanFXの詳細を見てみる

まとめ

出金スピードが早い海外FX業者と各業者の出金にかかる時間のまとめ

手数料が安く出金スピードが速い海外FX業者と、海外FXの出金ルール、主要海外FX業者の出金方法ごとの着金所要時間・出金手数料について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • 海外FXの出金方法や着金所要時間・手数料は、海外FX業者ごとに異なる
  • 出金手数料が安く、出金スピードが早い海外FX業者の例は、XM・Axiory・FBS・TitanFXなど
  • 海外FX独自の出金ルールや、出金に関する最新の情報を知っておく必要がある

海外FXの出金は、海外FX業者ごとに出金方法や出金が反映されるまでのスピード、出金手数料、最低出金額などが異なるため、慎重に選ぶ必要があります。

出金手数料が安く、出金スピードが早い海外FX業者で、日本人の登録者が多く評判の高いのは、XM・Axiory・FBS・TitanFXなどです。

それらの業者に共通している出金ルールは、クレジットカードによる出金が優先され、入金額と同額まで出金できること、その他の出金方法も、原則として入金方法と同一であること、トレードで得た利益は多くの業者では国際銀行送金のみ利用可能、などです。

XMは日本人の出金実績があり、人気が高い業者ですが、bitwalletによる出金が入金額までに制限されてしまいました。

Axioryは出金方法が豊富で、国内銀行送金が利用できる数少ない業者です。

Titanfxは、bitwalletからの出金が便利です。

XMの詳細を見てみる

Axioryの詳細を見てみる

FBSの詳細を見てみる

TitanFXの詳細を見てみる

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得