海外FXのNDD方式とは?DD方式との違いと特徴

FX業者は、DD方式NDD方式のいずれかの方式を採用しています。

国内FX業者の多くはDD方式を採用していますが、海外FX業者の多くはNDD方式を採用しています。

この記事では、DD方式とNDD方式の違い、およびNDD方式の特徴とNDD方式をDD方式と比較した場合のメリット・デメリットを紹介します。

DD方式とNDD方式とは?

DD方式とNDD方式とは?

DD方式とNDD方式の違い
  • トレーダー(あなた)とインターバンクの間にFX業者(ディーラー)が介入するか、しないか


DD方式

DD方式は「ディーリング・デスク方式」の略で、OTC方式とも呼ばれます。

DD方式では、あなたがトレードする際に、いったんFX業者が全て注文を決済します。

FX業者はディーラーとなって、決済したトレードのうち、どの注文をインターバンクに通すかはディーラーの裁量となります。

DD方式は、トレーダー同士の注文で反対売買を行うことにより、FX業者にとっては手数料を抑えることができるため、スプレッドを狭くすることができます。

その一方で、DD方式はFX業者の中でどのような操作が行われてもトレーダーからわからないため、取引が不透明です。

なかには、意図的に為替レートを瞬間的にずらし、ストップロスを強制的に約定させる、いわゆる「ストップ狩り」を行う業者もあるため、注意しましょう。


NDD方式

NDD方式

NDD方式は「ノン・ディーリング・デスク方式」の略で、トレーダーの注文が直接、インターバンクに提示されます。

間にFX業者が介入しないため、トレードの透明性が高いです。

NDD方式は、さらにSTP方式の口座とECN方式の口座とに分けられます。


STP口座

STP口座は、トレーダーが発注した注文を、カバー先の金融機関からマッチングさせる方式です。

流動性が低い時間帯でも約定する可能性が高く、海外FX業者のほとんどが採用するMT4との相性が良いです。

ただし、STP口座はスプレッドがかなり広いです。

これは、STP口座は取引手数料が無料のためで、スプレッド差がブローカーの利益となるため、仕方のないことです。


ECN口座

ECN口座は、スプレッドがDD方式並に低いことがあり、トレードの透明性が非常に高いです。

トレーダーが注文すると、直接電子取引市場に発注され、株式取引のような板情報や気配値を基準にトレードすることが可能です。

FX初心者にはECN口座は少し扱いにくいですが、経験者が短期売買する時に適しています。

ただし、MT4では板情報気配値を見ることができないため、それらの情報をもとにトレードしたいかたは、MT4以外で板情報などを見ることができる取引プラットフォーム(cTraderなど)がある業者を選びましょう。

NDD方式の特徴とDD方式と比較したメリット・デメリット

スキャルピングが可能

スキャルピングが可能

短時間にトレードを頻繁に繰り返すスキャルピングは、DD方式を採用したFX業者では、禁止されています。

これは、短時間に売買を繰り返すと、仲介するディーラー側が注文を処理しきれないためです。

それに対し、NDD方式はトレーダーとインターバンクとが直接トレードするため、スキャルピングしても問題ない場合がほとんどです。

FX業者によっては、スキャルピングを禁止もしくは制限していることもあるため、規約等を熟読しましょう。

NDD方式のFX業者にとって、トレーダーが頻繁に売買を繰り返してくれることは、その分取引手数料が多く入る上、トレーダーの利益とFX業者の利益とは相反しないため、スキャルピングなどでたくさんトレードしてもらったほうが、より利益を得ることができます。

スキャルピングと同様の理由で、EAによる自動売買もNDD方式では禁止されていないケースが多いです。


約定拒否が起こりにくい

NDD方式では注文がそのままインターバンクに流れるため、約定拒否は起こりにくいです。

NDD方式においてFX業者は基本的に特別なことはせず、売買したいレートで直接トレードできます。


約定率が低い

約定率が低い

NDD方式のFX業者は、複数のインターバンクを取引先にしており、トレーダーからの注文に対し、各インターバンクが提示するレートの内、最も有利なレートでトレードされます。

そのため、DD方式と比較すると約定率は低くなります。

NDD方式の中でも、板情報をもとにするECN口座はマッチングしやすいですが、STP口座は難しくなります。


スプレッドが広い

NDD方式で、特にECNタイプの口座は、スプレッドがとても広くなります。

そのため、NDD方式では勝ってもなかなか利益が出せない、と感じるかたもいます。

しかし、ディーラーの都合で勝手に約定拒否やレートの不自然な動きなどがなく透明性が高いため、実際にはクリーンに取引を行うことができるため、必ずしも損とは言い切れません。

まとめ

海外FXのNDD方式とは?DD方式との違いと特徴のまとめ

DD方式とNDD方式の違い、およびNDD方式の特徴とNDD方式をDD方式と比較した場合のメリット・デメリットについて見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • DD方式ではFX業者がディーラーとなって仲介する方式
  • NDD方式ではトレーダーの注文が直接インターバンクに提示され、STP口座とECN口座がある
  • NDD方式には、スキャルピングが可能、約定拒否がないなどのメリットと、約定率が低い、スプレッドが広いなどのデメリットがある

FX業者にはDD方式とNDD方式とがあり、海外FX業者の多くはNDD方式を採用しています。

業者が仲介するDD方式に対し、トレーダーの注文が直接インターバンクに届くNDD方式の方が、透明性の高いトレードができます。

スキャルピングやEAを活用した自動売買などで利益を上げたい場合は、NDD方式が適しています。

NDD方式はスプレッドが広いのがデメリットですが、約定拒否などがなく、安定した取引が実現できます。

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得