海外FXの最大ロット数と1ロットの通貨数の比較

  • 2020年4月7日
  • 2020年4月6日
  • 海外FX

海外FXにおいては、取引量を表す「ロット」と呼ばれる単位が使われます。

ロットは1回のトレード当たりの取引数量のことです。

海外FXのロットは国内FXのロットと異なるため、注意が必要です。

この記事では、海外FXの最大ロット数と、1ロットの通貨数の比較についてまとめていきます。

海外FXの最大ロット数と1ロットの通貨数の比較

海外FXの最大ロット数と1ロットの通貨数の比較

国内FXにおいては、1ロット=1万通貨です。

ところが、海外FXにおいては、1ロット=10万通貨となっているのが一般的です。

その理由は、海外FXで多く用いられている取引プラットフォームMT4の標準ロットが10万通貨単位であるためです。

国内FXでトレードした経験があるかたは、このロット数の違いに注意しましょう。

海外FXの最小ロット数は、ほとんどの業者で0.01ロット、つまり日本円で約1,000円分です。

それに対し、海外FXの最大ロット数は、業者や口座タイプにより大きく異なります。

XMの最大ロット数は、マイクロ口座が100ロット、その他の口座が50ロットです。

通貨数は、マイクロ口座が1,000万通貨、その他の口座が500万通貨となります。

GEMFOREXLand-FXの最大ロット数は30ロット、通貨数は300万通貨です。

AxioryTraders Trustの最大ロット数は、なんと最大1,000ロットで、1億通貨に相当します。

Titan FXの最大ロット数は100ロットで、1,000万通貨となります。

ただし、業者ごとに1口座ごとの最大ロット数が定められているため、その制限を超えない範囲でトレードすることとなります。

まとめ

海外FXの最大ロット数と1ロットの通貨数の比較のまとめ

海外FXの最大ロット数と、1ロットの通貨数の比較について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • 海外FXは通常、1ロット=10万通貨
  • 海外FXの最大ロット数は業者ごとに異なる
  • 業者ごとに1口座ごとの最大ロット数が定められている

海外FXにおいては、国内FXと異なり1ロット=10万通貨です。

最小ロット数は業者による差はほぼありませんが、最大ロット数は業者ごとに異なります。

日本人が多く利用する海外FX業者でも、最大30~1,000ロットと、差が大きいです。

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得