Titan FXはMacで取引できる?取引する方法と注意点

  • 2020年5月2日
  • 2020年5月1日
  • TitanFX

プログラマーやエンジニアを中心にMacユーザーは多いですが、一般のかたの多くはWindowsをメインに使っています。

そのためか、海外FXの記事はWindowsユーザー向けのものが多く、Macで取引できるかどうかさえわかりにくいのが現状です。

そこで、日本人に人気が高い海外FX業者のTitan FXでMacを利用しての取引ができるかどうか、および取引できる場合の方法と注意点を説明します。

Titan FXはMacで取引できる?取引する方法と注意点

Titan FXはMacで取引できる?取引する方法と注意点

海外FXで多く利用されるプラットフォーム「MT4」は、本来Windowsで動作するために開発されました。

そのため、以前はMacでMT4を利用するためには、MacにWindowsの機能を追加するなどの方法をとる必要がありました。

ところが、現在では特別な設定を行わずに、MacでMT4を利用できる海外FX業者が増えてきました。

Macで取引できる海外FX業者の中でも、Titan FXは特におすすめです。

Titan FXでは、2018年5月2日よりMacに対応したMT4の提供を開始しています。

これは、世界中のFX業者の内、XMに次いで2番目の対応でした。

これにより、エミュレータなどの追加機能のダウンロードが不要となり、Windowsと同様の取引および、EAなどのシステムをMacでも使えるようになりました。

Titan FXはMT4だけでなくMT5も利用できますが、Macで利用できるのはMT4のみとなっています。

今後、MT5がTitan FXでも利用できるようになる可能性もあるため、最新情報をチェックしましょう。

Titan FXがMacに対応したことにより、多くのMacユーザーがTitan FXに口座を開設し取引を行っていました。

ところが、2019年10月より配信開始されたMacの最新OS「Catalina(カタリーナ)」にバージョンアップしたかたが、Titan FXで取引できなくなる不具合が発生しました。

Titan FXに限らず、他の海外FX業者をMacで利用していたかたも同様の不具合が発生したようでした。

不具合が発生した原因は、Catalinaにおいて32ビットのアプリが動作しなくなったことが原因だと考えられています。

CatalinaはMacの16番目のバージョンで、かなり大幅な変更が行われますが、その一つが64ビットアプリへの移行です。

MT4に限らず、Catalinaにバージョンアップすると32ビットアプリは動作しなくなる可能性が高いため、注意しましょう。

もし、バージョンが「Mojave(モハベ)」以前のままで、Catalinaにバージョンアップをする必要性を感じなければ、バージョンアップをしない選択肢があります。

Catalinaは、音楽や映画の利用がより便利になり、iPadをセカンドディスプレイ化できるようになるなどメリットも多いですが、MT4を利用したFXをメインに考えるなら、バージョンアップは不要かもしれません。

また、すでにCatalinaにバージョンアップしてしまった場合でも、以前のバージョンに戻すことにより、MT4の継続使用が可能です。

ただし、以前のバージョンに戻すには、Catalinaをインストールする前にタイムマシーンを使用してバックアップを作成しておく必要があります。

Catalinaにアップデートした場合でも、ウェブトレーダーを利用すればMT4をダウンロードせずにMT4口座にアクセスできるため、安心です。

ウェブトレーダーはMT4の全機能を搭載した軽量取引ツールで、Macにも対応しています。

その他、VPSホスティングを利用する方法もあります。

VPSとは24時間稼働する仮想専用サーバーを意味します。

パソコンを稼働させなくてもよく、停電が起こっても取引の継続が行われるなどのメリットがある方法です。

Titan FXは、ニューヨークにあるサーバーでFX専用のVPSを提供しています。

まとめ

Titan FXはMacで取引できる?取引する方法と注意点のまとめ

Titan FXをMacで取引する方法とその注意点について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • Titan FXはMacで取引するのに適した海外FX業者
  • Titan FXはMac専用のMT4が利用でき、Windowsと同様の取引が可能
  • CatalinaにバージョンアップするとMT4が利用できなくなる不具合が報告されている

Titan FXは、XMに次いで2番目にMacに対応したMT4を提供しました。

そのため、多くのMacユーザーがTitan FXで取引しています。

ただし、Titan FXで利用できるMT5は、Macに対応していないため注意が必要です。

また、MacのOSをCatalinaにバージョンアップした場合には、MT4を利用した取引ができなくなります。

その場合でも、元のバージョンに戻す、ウェブトレーダーやVPSホスティングを利用することにより、MT4を使った取引が可能です。

TitanFX の詳細を見てみる

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得