海外FXのハイレバを利用したトレード手法

  • 2019年12月8日
  • 2019年12月7日
  • 海外FX

国内FX業者では最大25倍までしかレバレッジをかけることができないのに対し、海外FX業者でははるかに高いレバレッジ(ハイレバ)をかけることが可能です。

ハイレバを有効に活用することで、高い資金効率で資金を増やすことができます。

この記事では、500倍のハイレバを採用している海外FX業者を想定し、海外FXのハイレバを利用したトレード手法や、必要証拠金とどれくらいの利益が出るかについて紹介します。

海外FXのハイレバを利用したトレード手法

海外FXのハイレバを利用したトレード手法

レバレッジとは、あなたの資金を担保にかけてより多くの資金で取引できるしくみです。

レバレッジはてこの原理に例えられ、国内FX業者の最大25倍のレバレッジを例にすると、1万円の資金で実質25万円を持っているのと同様のトレードが可能になります。

そして、海外FX業者の多くが最大400~500倍のレバレッジを採用しているため、それをうまく活用することで一攫千金を手に入れることができます。

ここで、多くのかたが「一攫千金のチャンスがある代わりに、大きな借金を負うリスクがあるのでは」と気づくでしょう。

実際に、国内FXや株式取引でハイレバのトレードをして大きな損失を経験したかたもいるかもしれません。

そのリスクを回避するため、ハイレバのFX業者トレードを行う場合は必ず追証なしのゼロカットを採用している海外FX業者を選びましょう。

ゼロカットは日本の金融庁が法律で禁止しているためなじみがないかたも多いでしょうが、追証なしのゼロカットがあれば、ハイレバでFXトレードをして多額のマイナスとなっても、追証なし、つまり自己資金以上の借金を負担することなくロスカットされるしくみのことです。

このゼロカットを利用することにより、勝てば一攫千金のチャンス、負けても口座残高がゼロになるだけのため、仕切り直すことができ、精神的なゆとりが生じます。

追証なしのゼロカットを採用する海外FX業者を探し、新規口座開設をした後、MT4などの取引プラットフォームのダウンロード、口座への入金を終えましょう。

ハイレバでトレードするなら、最初は数万円の入金をおすすめします。

または、FX業者によっては未入金でもボーナスのみでトレードが開始できる場合もあるため、それを利用しても良いでしょう。

具体的なFXトレードの方法はハイレバでも変わりませんが、必要証拠金が大きくなるため、メンタル面でのコントロールが必要です。

なぜなら、例えば100倍のハイレバでトレードをすると、1万円しか資金がなくても100万円を持っているのと同様の環境でトレードすることが可能なためです。

そうなると、わずかな値動きで自分の資産が増減するうちに通常の金銭感覚に狂いが生じ、自分のポジション量が冷静に管理できずに、負けてもどんどん資金をつぎこむなどの判断ミスが起こります。

そうならないために、ハイレバでトレードする場合、具体的にどれぐらいの利益が生じた場合に利益を確定するか、逆にどれぐらいの損失が発生したらロスカットするかなどのルールを決めておく必要があります。

また、ハイレバで大きな利益が出た場合に、その利益を証拠金としてさらにトレードを続けることも可能ですが、逆にその利益を失うリスクも大きくなります。

そのため、ハイレバで得た利益は、次のトレードに必要な資金のみを残して、こまめに出金すると、次のトレードで負けても損失は口座残高のみに限られます。

ハイレバ500倍の必要証拠金とどれくらい利益が出るか

ハイレバ500倍の必要証拠金とどれくらい利益が出るか

海外FX業者は、平均すると最大で500倍程度のハイレバをかけることが可能です。

ハイレバが最大500倍の海外FX業者で実際にハイレバのトレードを行うと、国内FX業者と比較して圧倒的に少ない必要証拠金でトレードが可能です。

仮に10万円の資金があるかたが米ドル円のポジションをもつ場合、国内FX業者で最大25倍のレバレッジをかけても1万通貨の必要証拠金が約44,000円のため2万通貨しかポジションをもつことができなせんが、500倍のハイレバだと1万通貨の必要証拠金が約2,200円のため45万通貨のポジションをもつことが可能となります。

このようにハイレバだと必要証拠金がとても少ないですが、損益の振れ幅に関しては、レバレッジの大きさとは関係ありません。

10万円の資金をもとに、最大レバレッジを500倍にして米ドル円のトレードでどれだけの利益を得ることができるかをシミュレーションしてみました。

なお、レートは計算しやすくするために1米ドル=100円、ロスカット証拠金維持率を20%とし、50pipsで利益を確定した場合の理想値として計算しています。

すると、必要証拠金は2,173円で利益が225,000円でした。

この利益を2回、3回と繰り返していくことにより、大きな利益を得ることが可能になります。

500倍のレバレッジを最大限生かすには、スキャルピングが有効です。

特に、ニューヨーク時間など大きく為替レートが動く時間帯にスキャルピングを行うと、一気に資金が2倍や3倍とすることが可能です。

ただし、海外FX業者の中にはスキャルピングを禁止している場合もあるため、規約などをよく確認しましょう。

もし、ロスカット証拠金維持率を100%、つまり米ドル円なら1円まで相場変動してもロスカットしないと想定すると、利益が出るまで続けることが可能となりますが、その分リスクも大きくなります。

そのため、実際のトレードを行う際には、総資産の5%のマイナスとなった場合にロスカットをすることをおすすめします。

10万円の資金がある場合は、5,000円の損失が発生した場合にロスカットするというルールです。

このようなルール決めにより、「ハイレバのトレードだから、負けてもすぐに損失を取り戻すことができる」という、誤ったメンタルに陥ることを防ぐことができます。

まとめ

海外FXのハイレバを利用したトレード手法のまとめ

海外FXのハイレバを利用したトレード手法と、ハイレバ500倍の必要証拠金とどれくらい利益が出るかについて見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • 海外FX業者は平均して最大500倍のレバレッジをかけることができる
  • ハイレバを利用すると少ない必要証拠金で大きな利益を生み出すことが可能
  • ハイレバのトレードをするなら、追証なしのゼロカットを採用した海外FX業者を選択すること

海外FX業者の多くは、国内FX業者と異なり最大で500倍前後のレバレッジをかけることができます。

500倍のハイレバでトレードを行うと、少ない必要証拠金でトレードし、大きな利益を得ることが可能です。

ハイレバのトレードに適しているのはスキャルピングで、短時間で効率よく稼ぐことが可能ですが、海外FX業者の中にはスキャルピングを禁止していることもあるため、事前に確認しましょう。

500倍のハイレバで米ドル円のトレードをする場合、約2,200円の必要証拠金でよいため、同じ資金でもより多くのポジションをもつ、またはより少ない資金でのトレードが可能となります。

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得