海外FXの年間取引報告書の取得方法

  • 2020年2月18日
  • 2020年2月18日
  • 海外FX

FXの利益を確定申告する際、FXの取引履歴がわかる年間損益報告書の添付が必要です。

国内FXの利益を確定申告する場合は、年間損益報告書を公式WEBサイトより確認することが可能です。

しかし、海外FXでは業者ごとに発行の手順が異なります。

この記事では、多くの海外FX業者が利用する取引プラットフォームのMT4およびMT5を利用して、年間取引報告書を取得する方法を紹介します。

海外FXの年間取引報告書の取得方法

海外FXの年間取引報告書の取得方法

海外FXのトレードで得た利益が一定額を超えると、確定申告する必要があります。

その利益を証明するために、あなたが1年間で利用した海外FX業者全てから、年間取引報告書を取得する必要があります。

年間取引報告書は、MT4またはMT5からダウンロードし、取得することが可能です。

まず、年間取引報告書を出力したい口座にログインし、ターミナルの「口座履歴」タブをクリックします。

口座履歴の画面のパネル上でマウスを右クリックし、「期間のカスタム設定」を選択します。

すると、期間の開始および終了の指定画面が出るため、確定申告の対象期間を設定しましょう。

通常は、前年の1月1日~12月31日までの期間を指定することになります。

期間の設定後OKボタンをクリックすると、期間内の全ての取引履歴が表示されます。

その画面上で右クリックし、「レポートの保存」を選択して、保存したいフォルダにダウンロードしましょう。

以上は、MT4における年間取引報告書の取得方法ですが、MT5の場合も手順はほぼ同様です。

この年間取引報告書で重要な数値は、確定損益(Closed Trade P/L)です(MTL5では「総損益」)。

確定損益は、利用した海外FX業者において、その年における確定した利益です。

確定申告時には、雑所得入力の「収入金額」の欄に、この確定損益の金額を書きましょう。

複数の海外FX業者でトレードしている場合は、それらを通算した数値を書くことになります。

また、確定申告の際には年間取引報告書を添付する必要があります。

そのため、必要に応じ年間取引報告書を印刷し、確定申告書の所定欄に貼り付けて提出しましょう。

まとめ

海外FXの年間取引報告書の取得方法のまとめ

MT4およびMT5を利用して、海外FX業者から年間取引報告書を取得する方法について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • 海外FXで得た利益は確定申告する必要がある
  • 海外FXの確定申告のためにMT4などから年間取引報告書の取得できる
  • 年間取引報告書は、確定申告時に提出すること

海外FXで得た利益は、所得税の雑所得として確定申告する必要があります。

海外FXの利益を証明するために、MT4やMT5などを通じて年間取引報告書の取得が可能です。

年間取引報告書の取得は、上記の手順に従って行うことにより数分で終了します。

確定申告の際には、収入金額を記載し、年間取引報告書を印刷して提出しましょう。

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得