アセンディングトライアングル・ディセンディングトライアングルの意味とトレードへの活かし方

  • 2021年2月28日
  • 2021年2月20日
  • 海外FX

FXのチャートを見ていると、大きな三角形をつくってチャートが収縮していくパターンがあり、三角持ち合いと呼ばれます。

三角持ち合いは、上昇と下降のエネルギーが蓄積されている状態で、上昇トレンドラインと下降トレンドラインが交差するタイミングでブレイクする可能性が非常に高いですが、上昇と下降のどちらにブレイクするかの予測が困難です。

それに対し、三角持ち合いのうちアセトラ・ディセトラは上昇もしくは下降の予測がしやすいのが特徴です。

この記事では、アセトラ・ディセトラの意味と値動きの特徴、アセトラ・ディセトラをトレードに活かす方法を紹介します。

アセトラ・ディセトラの意味と値動きの特徴

アセトラ・ディセトラの意味と値動きの特徴

アセトラはアセトラトライアングルの略で、上昇トレンドラインとレジスタンスラインとでつくられる三角持ち合いです。

上昇トレンドで何度も高値にチャレンジするものの、そのたびにレジスタンスラインで抑えられますが、底値はどんどん切りあがっていくのが、値動きの特徴です。

一方、ディセトラはディセンディングトライアングルの略で、下降トレンドラインとサポートラインとでつくられる三角持ち合いです。

アセトラは逆に、下降トレンドの中でサポートラインで反発しながらも、高値がどんどん抑えられていくのが特徴です。

アセトラは上昇チャートにおいて、レンジがしばらく続いた後に出現しやすく、ディセトラは下降チャートにおいて、同じくレンジがしばらく続いた後に出現しやすいです。

三角持ち合いはチャート上によく現れるもののあまり役に立たないのに対し、アセトラ・ディセトラはエントリーのチャンスです。

三角形の形状で、FX初心者でも比較的発生しやすいため、アセトラやディセトラは見逃さないようにしましょう。

三角持ち合いの状態は、三角形の形が大きく長いほど信頼性が増します。

小さく短い三角形や、レジスタンスラインやサポートラインが水平とは言い難い場合などには、だましの可能性が高まるため、注意しましょう。

また、アセトラ・ディセトラでブレイクした後、すぐに戻ってしまうだましも考えられるため、逆指値を入れるなどの工夫も必要です。

アセトラ・ディセトラをトレードに活かす方法

アセトラ・ディセトラをトレードに活かす方法

アセトラ・ディセトラは、エントリーポイントや損切りのタイミングがわかりやすいため、発見さえできれば初心者でも稼ぎやすいのが特徴です。

そして、アセトラは上にブレイクする可能性が高く、ディセトラは下にブレイクする確率が高くなります。

アセトラを例にとると、上昇トレンドで何度も高値更新をめざしながらも、レジスタンスラインに抑えられている状況で、買い圧力のエネルギーが溜まり、なにかのきっかけがあれば一気にブレイクする状態です。

ブレイクするポイントとして、上昇トレンドラインとレジスタンスラインとが交差したらエントリーポイントだと考えられます。

ただし、アセトラの三角形が大きく長いこと、さらにきれいな形であることが条件です。

トレンドラインも、自分に都合の良いように引くのではなく、チャートの動きをよく見て、正しく引くことが大切です。

また、高値を更新すると、その勢いで一気にブレイクする可能性が高いため、指値を入れて確実に買い注文が入るようにしておきましょう。

同時に、だまし対策で逆指値も忘れずに設定します。

レジスタンスラインの少し下あたりで、直前のローソク足の底値などを参考に、損切ポイントを設定すると良いでしょう。

もし可能であれば、レンジが狭くなってくる時間帯はチャートに張り付き、5分足などの短い時間足で急激な値動きがないかを監視しておくと、エントリーチャンスを発見しやすいです。

ディセトラは、アセトラと基本的に逆の動きをします。

アセトラ・ディセトラは共にとても勝率が高いですが、だましもあるため、見極めが必要です。

ブレイクする前にエントリーしてしまうと、大暴落もしくは大暴騰することも、十分に考えられます。

ロスカットがりに遭うこともあります。

そうならないために、移動平均線など他のインジケーターの活用、ダブルトップや三尊など他のチャートパターンをしているのではないかという考察が必要です。

また、ブレイクした後の利確ポイントは決めておき、予想どおりの値幅をとることができたら、きちんと利確することをおすすめします。

そうすると、よりだましなどのリスクを抑え、勝率の高いトレードとなります。

まとめ

アセンディングトライアングル・ディセンディングトライアングルの意味とトレードへの活かし方のまとめ

アセトラ・ディセトラの意味と値動きの特徴、アセトラ・ディセトラをトレードに活かす方法について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • アセトラは上昇トレンドラインとレジスタンスラインとでつくられ、上にブレイクしやすい
  • ディセトラは下降トレンドラインとサポートラインとでつくられ、下にブレイクしやすい
  • アセトラ・ディセトラは勝率が高いがだましも存在するため注意が必要

チャートが徐々に収縮していく三角持ち合いは、FXのチャートによく発見されますが、中でもアセトラ・ディセトラはトレンドが読みやすいため、エントリーに適しています。

アセトラ・ディセトラは、三角形の形が長くて大きく、きれいであるほど信頼性が高いです。

アセトラは上昇トレンドラインとレジスタンスラインとでつくられ、上にブレイクするのをねらって、レジスタンスラインを超えたタイミングで買いエントリーします。

ディセトラはその逆で、下降トレンドラインとサポートラインでつくられ、サポートラインを下回ったタイミングをねらって売りエントリーします。

だましに遭うこともあるため、様々なインジケーターを活用したり、他のチャートパターンとなる可能性も考えたりし、エントリーだけでなく損切りの設定も忘れないようにしましょう。

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得

 

 

おすすめ海外FX会社ランキング

各海外FXの特徴をまとめて、総合的におすすめの海外FXを紹介しています。

どういった人におすすめの海外FXなのかも紹介していますので、新たに利用したい海外FXを探している人はぜひ参考にしてください。

各海外FX会社のレバレッジや入金、登録ボーナスも一覧にしています!

\登録・入金でもらえる高額ボーナスを一挙獲得/
おすすめ海外FXランキング