iForexの出金方法と手数料、着金スピード

  • 2021年1月7日
  • 2021年1月6日
  • iForex

海外FX業者から出金するには複雑な手続きが必要だったり、着金までに時間を要したりしますが、iForexの出金方法はやや特殊で、他の海外FX業者と比較しても、より手間や時間がかかる場合があります。

そのため、iForexの出金方法やルールを深く理解することが、スムーズな出金には欠かせません。

この記事では、iForexの出金方法と手数料、iForexの出金に関するルールと着金スピードについて説明します。

iForexの出金方法と手数料

iForexの出金方法と手数料

iForexの出金方法は、クレジットカード出金・bitwallet出金・銀行送金の3通りがあります。

iForexからはじめて出金する際には、出金依頼書・身分証明書・クレジットカード両面の画像・居住地確認書類の4種類の書類を提出する必要があります。

出金依頼書のみ、初回に限らず出金ごとに提出が必要で、他の海外FX業者にはあまり見られない手続きとなるため注意しましょう。

出金依頼書は、iForexよりダウンロードした後にプリントアウトし、直筆で署名した上、スキャナーでPDF化するなどし、iForexのサポート宛のメールに添付して送付しなければなりません。

署名した出金依頼書をスマホで撮影したものを送付しても、無効となってしまいます。

身分証明書は、パスポート・運転免許証・マイナンバーカードが有効です。

クレジットカード両面の画像は、クレジットカードで入金した場合のみ必要です。

居住地確認書類は、発行日から6か月以内の公共料金請求書や携帯電話請求書・納税証明書・住民票などです。

出金手続きは、iForexの公式Webサイトよりログインし、「資金」タブの「資金を出金」をクリックします。

出金フォームで、出金金額や口座番号などの各種情報を入力します。

出金はクレジットカードの入金額まではクレジットカード出金が優先され、次いでbitwalletの入金額までbitwallet出金、それ以外の出金は、bitwalletもしくは銀行口座への送金を利用します。

bitwalletで出金する場合、銀行名を「bitwallet」とし、口座番号にはbitwalletに登録しているメールアドレスを入力します。

銀行送金で出金する場合は、銀行名・支店コード・振込先名義・口座番号・SWIFTコード・国名(日本を選択)・銀行住所・その他をローマ字で入力する必要があります。

その後、出金依頼書を上記の手順でダウンロード、プリントアウト、署名をし、メールで送付すると、通常2営業日程度で審査完了のメールが届き、早ければその数営業日後に着金します。

出金手数料は、出金方法により異なります。

クレジットカード出金の場合は、iForexの負担となるため、無料です。

銀行送金の場合は、出金ごとに2,000円の手数料をiForexに支払う必要があるのに加え、リフティングチャージとして2,500円程度の負担が必要です

bitwallet出金を利用する場合、iForexに対する手数料は無料ですが、bitwalletから銀行口座に出金する際には824円の出金手数料が必要です。

iForexの出金に関するルールと着金スピード

iForexの出金に関するルールと着金スピード

原則として入金方法と同じ方法で出金する必要があり、出金方法によっては利益分が出金できないケースがあります。

入金にクレジットカードを利用した場合、必ずクレジットカード出金が他の出金方法よりも優先されます。

クレジットカード出金は、ショッピング枠で入金した金額の返金処理の扱いとなり、入金した金額が出金限度額となります。

そのため、入金額以上の利益分を出金する場合には、クレジットカード以外の方法で出金する必要があります。

これは、マネーロンダリング防止の観点から定められている厳格なルールのため、必ず守りましょう。

クレジットカード出金を利用する場合、着金スピードはカード会社によって大きく異なり、数営業日で着金することもあれば、着金まで1か月以上を要することもあります。

とはいえ、2回目以降の出金では、着金スピードが速くなる可能性が高いです。

また、クレジットカード入金をして一定期間経過すると出金ができなくなるため、銀行送金により出金することとなります。

bitwallet出金は、出金手数料が安く着金スピードが3~5営業日程度と、スピーディーです。

bitwalletの入金額までは返金という形で出金可能で、それ以上の利益分に関してはbitwallet出金と銀行口座への出金が選択できます。

bitwallet出金で利益分を出金する場合、まず入金額をbitwalletで出金し、さらに利益分を出金するため、2回以上に分けて出金することとなりますが、それでも銀行口座への出金より出金手数料ははるかに安く、出金スピードも早い可能性が高いです。

bitwalletとiForexのアカウント名義は、同一にしておきましょう。

銀行送金は、利益分を問題なく出金でき、bitwalletのように複数回に分けて出金する必要がありませんが、手数料が高額となるだけでなく、着金スピードも遅くなることがあります。

銀行口座の名義は、iForexの名義と同一である必要があります。

名義以外にも、口座番号や住所などに入力ミスがあると、着金スピードが大幅に遅延する可能性があるため、念入りにチェックしましょう。

銀行送金の出金が反映されるまでには2~5営業日程度必要で、さらに中継銀行を経由して着金するため、着金スピードは数週間以上かかることがあります。

また、銀行送金を利用した際に、確認の連絡が入る場合があります。

これは、外為法順守のために銀行が行う連絡で、不正なことをしていなければ恐れることはなく、「投資によるキャピタルゲインを得るため」などと、目的を返答すれば問題ありません。

ジャパンネット銀行・セブン銀行・ゆうちょ銀行など、一部の銀行は出金先として利用できません。

まとめ

iForexの出金方法と手数料、着金スピードのまとめ

iForexの出金方法と手数料、iForexの出金に関するルールと着金スピードについて見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • iForexにはクレジットカード出金・bitwallet出金・銀行送金の3通りの出金方法がある
  • 出金の度に出金依頼書に署名しメール送付する必要があるなど、iForexからの出金はやや特殊
  • bitwallet出金がおすすめ

iForexからの出金は、クレジットカード出金・bitwallet出金・銀行送金がありますが、手数料の安さ、着金スピードなどを考慮すると、bitwallet出金がおすすめです。

クレジットカード出金は手数料が無料ですが、利益分を出金できません。

bitwallet出金は、入金分までを返金し、さらに利益分を出金するため、2回以上の手続きが必要となるため注意が必要です。

クレジットカードで入金し、利益分をbitwalletで出金するという方法も、有効です。

iForexの出金で、特に注意すべきなのが、出金依頼書の提出です。

出金ごとにプリントアウトし、署名し、スキャンしてメール送付する手間が必要となります。

iForex の詳細を見てみる

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得

 

 

おすすめ海外FX会社ランキング

各海外FXの特徴をまとめて、総合的におすすめの海外FXを紹介しています。

どういった人におすすめの海外FXなのかも紹介していますので、新たに利用したい海外FXを探している人はぜひ参考にしてください。

各海外FX会社のレバレッジや入金、登録ボーナスも一覧にしています!

\登録・入金でもらえる高額ボーナスを一挙獲得/
おすすめ海外FXランキング