HotForexはゼロカットを採用している?適用されないケースとゼロリセットのタイミング

海外FX業者を利用するメリットの一つに、ゼロカットがあります。

HotForexも例外ではなく、他の海外業者と同様にゼロカットを採用しています。

しかし、ゼロカットはどんなトレードにも適用される訳ではなく、適用されないケースもあります。

この記事では、HotForexのゼロカットが適用されないケースとゼロリセットされない場合の対処法について紹介しています。

HotForexを利用する方や、ロスカットされたのにマイナス残高のままでゼロリセットされない方は、ぜひ参考にして下さい。

ゼロカットとは

HotForex ゼロカットとは

ゼロカットとは、口座に入っている証拠金以上の損失をトレーダーが負わないというシステムで、多くの海外FX業者が取り入れています。

業者によって設定は異なりますが、証拠金維持率が大体20~30%を下回ると強制的にロスカットされます。

しかし、相場が急変した場合は、ロスカットが間に合わず口座残高がマイナスになる場合があります。

口座残高がマイナスになった場合は、自動的に(または次回入金で)ゼロにリセットされるので、トレーダーは証拠金以上の損失を負わないという仕組みです。

このマイナス分はFX業者が補填してくれるという、かなりトレーダーに嬉しいシステムです。

ゼロカットは国内業者にはないシステムで、国内業者では、口座残高がマイナスになると、追証と言われる追加入金の義務が発生します。

HotForexはゼロカットを採用している?

HotForex ゼロカットを採用している?

HotForexでは、ゼロカットのことを「マイナス残高保護」と表記し、採用しています。

HotForex ゼロカット

HotForex 公式サイト 資金のセキュリティ

また、相場の記録的大暴落により、ゼロカットを採用しているのにトレーダーに追証を請求する業者や、トレーダーのマイナス分を抱えて倒産していく業者もいる中、HotForexはしっかりとゼロカット対応した実績があります。

HotForexの強制ロスカットは、証拠金維持率が10%を下回った場合に施行されます。

他の海外業者よりロスカット水準が低めなので、含み損が大きくてもポジションを保持していられます。

HotForexでゼロカットが適用されないトレード

HotForex ゼロカットが適用されないトレード

冒頭でも述べましたが、ゼロカットはすべてのトレードに適用される訳ではありません。

ゼロカットを不正に利用した場合、HotForex側に不利になるようなトレードが可能なためです。

普通に規約を破らずトレードしている分には、もちろんきちんとゼロカットされます。

以下の取引にはゼロカットは適用されないため、注意しましょう。

複数口座間の両建て

複数口座間での両建ては、損失はゼロカットがあるため入金額までと限定されていますが、利益は大きく伸ばすことが可能であり、リスクとリターンのバランスが崩れてしまいます。

例えばA口座では買いポジション、B口座では売りポジションを持った場合、A口座でロスカットされたとしても、損失は入金額に限定されていますが、B口座ではどこまでも利益を伸ばすことが可能になります。

そのため、複数口座間の両建ては、ゼロカットを利用したHotForex側に不利になるようなトレードであり禁止されています。

複数業者間での両建て・グループ間の両建て

ゼロカットが適用されない理由は、複数口座間での両建てと同様です。

業者をまたいだり、友達と協力して行えばバレないと考える方もいるかもしれませんが、取引ツールからバレるので、怪しい取引はしないようにしましょう。

窓開け狙いのトレード

「窓開け」とは、先週末の終値と週明けの始値の乖離のことです。

土日に為替市場に影響を与えるような経済のイベントがあると、値が飛んで窓が開きます。

相場が大きく変動するような経済的なイベントを土日に控えている場合、窓が開くのを狙って、ハイレバレッジでポジションを保有した状態で週をまたぐことは禁止されています。

例えば、相場が大きく変動するような経済的なイベントを土日に控えているのに、ハイレバレッジで買いポジションを持ったまま週をまたいだ結果、逆方向に窓が開いた場合にゼロカットで損失は業者側が負わなければならないためです。

システム・レートエラーを利用したトレード

経済指標や要人発言など、アクセスが集中するとサーバーに負荷がかかり処理が間に合わず、接続遅延やレートエラーが生じることがあります。

これを悪用して取引することは禁止されています。

基本的には、ゼロカットを利用して利益を出そうとするトレードと、HotForexが大きく損害を負うようなトレードにはゼロカットが適用されません。

どれもゼロカットが適用されないだけでなく、出金拒否や口座凍結もありえる禁止事項なので、絶対に行わないようにしましょう。

ゼロリセットのタイミングとゼロリセットされない場合の対処法

HotForex ゼロリセットのタイミング

強制ロスカットされたのに、口座残高がマイナスになってリセットされない時は、不安ですし、取引したいのにできなくて困りますよね。

自動でゼロにリセットされる業者も多いですが、自動でも数秒でリセットされる業者や24時間以内にリセットされる業者など、リセットされるまでにかかる時間が違っていたり、メールで申請しなければリセットされない業者などもあります。

HotForexは、ロスカット後24時間以内自動でゼロリセットされます。

もしゼロリセットされない場合や、早くトレードしたい場合は、入金した時にゼロリセットされます。

まとめ

HotForex ゼロカットまとめ

この記事では、HotForexのゼロカットが適用されないケースとマイナス残高時の対処法について紹介しました。

内容をまとめると以下になります。

まとめ
  • ゼロカットを不正に利用するトレードを行った場合、ゼロカットは適用されない
  • HotForexはロスカット後24時間以内に自動でゼロリセットされる
  • ゼロリセットされない場合は入金してみる

ゼロカットは国内FX業者では採用されていませんが、海外FX業者はほとんどが採用しています。

トレーダーが借金を負うことがない仕組みになっていますので、安心してハイレバレッジで取引ができます。

ゼロカットによるメリットはたくさんありますが、デメリットはほとんど無いと言えるでしょう。

気を付けたいのが、ゼロカット対応と謳っている業者を利用していたのに、スイスフランショックなどのように、記録的大暴落が起こった際にゼロカット対応が間に合わず何百万、何千万の追証を請求をされたトレーダーも中にはいます。

その点HotForexは、スイスフランショックの際もきちんとゼロカットを行い、マイナス分を会社側が負担した実績があります。

また、数々の業界賞を受賞していたり、海外トレーダーからも人気が高い業者です。

ボーナスにもかなり力を入れていますので、海外FXを始めようとお考えの方や、評判の良いFX業者を利用したい方は以下のHotForexの詳細をチェックしてみて下さい。

HotForexの詳細を見てみる

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得