AXIORYのロスカットルールと注意点

  • 2020年12月18日
  • 2020年12月8日
  • AXIORY

海外FX業者を選ぶにあたり、ハイレバレッジやスプレッド幅よりも、まず着目してほしいのがロスカットルールです。

いつ、どのようなタイミングでロスカットが行われるかを知っておくことで、大きな損失を防ぎながら利益を積み重ねることが可能となります。

この記事では、海外FX業者で人気のあるAXIORYのロスカットルールと注意点、AXIORYの必要証拠金・証拠金維持率の計算方法について紹介します。

AXIORYのロスカットルールと注意点

AXIORYのロスカットルールと注意点

FXのトレードにおいては、小さな値動きでも大きな損失となることがあります。

それを防ぐために、FX業者は独自のロスカットルールを設け、トレーダーの資産を守っています。

AXIORYのロスカットルールは、大きく分けて二つあります。

一つは、証拠金維持率が20%を下回ると、ロスカットが執行されるというもので、もう一つは、証拠金維持率が50%を下回るとマージンコールが発生するというものです。

ロスカットの執行は、使っている取引プラットフォームがMT4cTraderかで異なります。

MT4の場合は、証拠金維持率が20%を下回ると、複数所有しているポジションのうち、最も損失が大きいポジションから強制決済されます。

ポジションの約定日は関係なく、損失の金額が大きいポジションが優先してロスカットされるため、注意しましょう。

また、各国の祝日・取引時間帯・市場の状況など様々な要素により、必ずしも上記の順番どおりにロスカットされないことがあります。

このロスカットは、証拠金維持率が20%を上回るまで継続されます。

次にcTraderの場合は、ロスカットのことを「スマートストップアウト」と呼び、証拠金維持率が20%を下回ると最も証拠金を使っているポジションが部分的にクローズされます。

そして、証拠金維持率が20%を上回るレベルまで、必要最小限ずつ、複数回にわたり部分決済されていきます。

MT4のロスカットがポジションごとに強制決済されるのに対し、cTraderのロスカットはちょっとずつ、部分的に決済されるため、そこから相場が反転した場合、利益を残しやすいです。

AXIORYには、スタンダード口座ナノスプレッド口座とがあり、いずれにおいても同様のロスカットルールが適用されます。

ロスカットが執行される前に、証拠金維持率が50%を下回った時に発生するのがマージンコールです。

マージンコールが発生すると、ターミナルウインドウの損益表示欄は赤色で表示され、そのままだとロスカットされてしまうと警告されます。

強制ロスカットされたくない場合は、マージンコールが発生している段階で追加資金を入金するか、早めに自分で決済するかが選択できます。

もし、相場が急変するなどの理由で強制ロスカットが執行されず、口座残高がマイナスとなったとしても、追証なしのゼロカットシステムが働くため、大きな借金を抱える心配がありません。

AXIORYの必要証拠金・証拠金維持率の計算方法

AXIORYの必要証拠金・証拠金維持率の計算方法

必要証拠金や証拠金維持率はMT4やcTraderに自動的に計算された数値が表示されるため、計算方法を知る必要はありませんが、計算方法を知ることによりそれらのしくみを理解できます。

必要証拠金は、FXのトレードをするに際し、FX業者に預ける必要がある最低限の保証金のことを指します。

AXIORYではFX、貴金属CFD、エネルギーCFD、株価指数ごとに必要証拠金の計算方法が異なりますが、FXのみを紹介します。

必要証拠金の計算方法
  • (取引通貨量×数量÷レバレッジ)×アカウントベース通貨への変換レート

AXIORYの取引通貨量は、1ロットあたり10万通貨で計算されます。

また、レバレッジは最大400倍までかけることができるため、レバレッジが高いほど、必要証拠金は少額ですみます。

アカウントベース通貨への変換レートとは、例えばUSD/JPNの通貨ペアでトレードする場合で、基軸通貨を円にしていた場合、レートが1米ドル=105円とすると、105を乗じます。

証拠金維持率の計算方法
  • 有効証拠金÷必要証拠金×100

ここで、有効証拠金とは口座残高に、含み益や含み損など未実現の損益を加えた金額です。

つまり、含み益が大きければ問題ありませんが、含み損が大きくなると有効証拠金が低くなっていき、それが続くとやがてロスカットとなります。

AXIORYのハイレバレッジを活かして少ない資金でトレードする際には、常に必要証拠金と証拠金維持率を気にかけ、強制ロスカットされる前に早めに決済するなどの手段を講じる必要があります。

まとめ

AXIORYのロスカットルールと注意点のまとめ

AXIORYのロスカットルールと注意点、AXIORYの必要証拠金・証拠金維持率の計算方法について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • AXIORYのロスカットルールは証拠金維持率が20%を下回るとロスカットが執行され、MT4とcTraderとでルールが異なる
  • 証拠金維持率が50%を下回るとマージンコールが発生する
  • 必要証拠金や証拠金維持率の計算方法を知っておくことでハイレバレッジのトレードでもロスカットされにくくなる

AXIORYのロスカットルール、そして必要証拠金証拠金維持率の計算方法を知っておくことは、ハイレバレッジを活かしたトレードで稼ぐために必要です。

AXIORYのロスカットルールは、証拠金維持率が20%を下回るとロスカットが執行されるというものですが、MT4では損失が大きいポジションの全額が強制決済されるのに対し、cTraderでは部分決済されるところが違います。

必要証拠金や証拠金維持率は自動的に計算されるため計算方法を知る必要はありませんが、知っておくと不要な損失を避けることにつながります。

AXIORY の詳細を見てみる

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得

 

 

おすすめ海外FX会社ランキング

各海外FXの特徴をまとめて、総合的におすすめの海外FXを紹介しています。

どういった人におすすめの海外FXなのかも紹介していますので、新たに利用したい海外FXを探している人はぜひ参考にしてください。

各海外FX会社のレバレッジや入金、登録ボーナスも一覧にしています!

\登録・入金でもらえる高額ボーナスを一挙獲得/
おすすめ海外FXランキング