XMで口座凍結・休眠される条件と対処法

  • 2019年8月18日
  • 2019年11月8日
  • XM
XM XMで口座凍結

久しぶりにXMにログインしようとした時に、ログインができずに「口座が凍結されています」とメッセージが出ることがあります。

口座のお金や受け取ったボーナスがなくなる!?」と焦ることもあるかもしれません。

XMで口座凍結された場合は新規に口座開設するしかありませんが、口座凍結ではなく休眠口座になっている場合もありますので、自分の口座の状態をきちんと確認しておく必要があります。

本ページではXMで口座凍結・休眠される条件や対処法についてまとめましたので、参考にしていただければと思います。

XMの口座凍結・休眠の意味と条件

ポイント
  • 口座凍結:XMでの取引ができなくなった状態(利用再開できない)
  • 口座休眠:すぐに利用再開できるが休眠中は手数料が取られる

XMにはアカウントのステータスとして、「口座凍結」と「口座休眠」があります。

XMで90日間利用がない場合口座休眠となり、口座休眠後に残高が0になってからさらに90日間利用がないと口座凍結となります。

口座凍結されると利用再開(復活)はできない

口座休眠はすぐに利用再開ができ、口座凍結の場合は復活できません。

口座休眠は新たに入金や新規注文をすることですぐに口座はアクティブな状態に復活します。

口座休眠後、口座から残高がなくなりさらに90日が経過すると「口座凍結」となり、新たに入金や新規注文も出せなくなり、復活できなくなります。
(新たに口座開設しなおすしかなくなります。)

休眠口座は毎月5ドルの口座維持手数料が引かれていく

また、休眠口座になると毎月5ドルの口座維持手数料が自動的に口座から差し引かれていきます。

口座を持っているだけでお金がかかるのは非常にもったいないので、休眠口座にお金を預けっぱなしで手数料だけ引かれているという状況は避けないといけません。

残高からお金がなくなると口座維持手数料が引かれることもなくなるので、維持手数料により口座残高がマイナスになって、追証のようにXMに入金を迫られることはないので安心してください。

口座の残高がなくなり90日経過すると口座が凍結される

口座残高がマイナスになることはないですが、休眠状態の口座に残高がなくなってから90日が経過すると口座が凍結され、入金も新規注文も何もできなくなります。

口座が凍結されると復活する手段がないので、新たにトレードしたい人は新規の口座開設をしなおすことになります。

休眠口座は口座凍結の一歩前の状態といえますので、口座凍結されると困る人は口座休眠になった状態で入金や新規注文などをするようにしましょう。

また、休眠口座になると口座維持手数料が引かれるので、XMでしばらく取引をする予定がない人は口座から全額出金しておくようにするのが良いですね。

稼ぎすぎでXMの口座が凍結されることはある?

稼ぎすぎでXMの口座が凍結されると言われることもありますが、XMでは稼ぎすぎが原因で口座凍結されることはありません。

XMではNDD方式という、顧客の注文をそのままインターバンク市場に流していて、その際にスプレッド(買値と売値の差)をつけて実質的な手数料として得ています。

顧客が勝つと業者が損をして、顧客が負けると業者が得をするようなカジノや株(トレーダー同士)などとはしくみが違います。

つまり、XMは顧客の取引が増えれば増えるほど儲かるようになっていて、顧客の勝ち負けとXMの稼ぎは関連がありません。

多くトレードをする投資家を優遇することはあっても、稼ぎすぎてXMの口座が凍結されることはありません。

XMの口座凍結時に出金はできる?

XMの口座凍結時に出金はできるのか、気になる人も多いようです。

XMで口座凍結されるのは、残高がなくなった時なので、出金するお金自体がなく出金もできません。

口座のお金が出金できずに困ることはないですが、出金ができるかできないかと言われると「できない」ということになります。

XMで口座凍結された時の対処法、復活方法

XMで口座凍結された場合には、新規に口座開設するしかありません。

休眠口座のように入金したら復活することはありませんので、すぐに新規口座開設の手続きをするのが賢明です。

XMでは口座凍結された人でも新たに口座開設することができ、口座開設再開後は普通にトレードを再開することができます。

1点、通常の新規口座開設した人と違う点として、口座開設後のボーナスはもらえません。

口座開設ボーナスはXMにはじめて口座開設した人だけがもらえる特典ですので、一度もらっている人は対象外となります。

入金ボーナスについてはこれまでの入金額が引き継がれていて、累計50万円分のボーナスを受け取っていない人は入金ボーナスを受け取ることができます。

最大50万円とボーナスの金額としては入金ボーナスの方が圧倒的に大きいので、入金ボーナスがなくならないのは嬉しいですね。

このように、口座開設ボーナスはありませんが、口座開設ボーナスはすでにもらったものですし、入金ボーナスの権利はなくなることはありません。

口座凍結した人が新たに口座開設しなおしても、マイナス面はほとんどないといえますので、早めに口座開設をしなおして、XMでトレードをしていきましょう。

XMの口座凍結を予防する方法

XMの口座凍結を予防するには、追加入金かトレードをし続けるしかありません。

XMの口座を残すためにトレードをするというのも本末転倒なので、おすすめできません。

トレードをするつもりがなければ、XMの口座が凍結されても何ら不利益はありません。

ただ、「口座を凍結されるのは気持ち悪い」という人は自ら口座を解約するのが良いでしょう。

口座解約はサポートに連絡することで簡単にできます。

ですので、XMでトレードする予定がなくなり、口座凍結を避けたい人は全額出金をした後に口座解約してしまうのが賢明です。

トレードを再開する際に新規口座開設が必要になる点は同じですし、口座維持手数料などが取られる心配もなくなります。

口座解約(複数あるうちの一つの口座を解約)やXMの退会(すべての口座を解約)については、別の記事にまとめていますので参考にしていただければと思います。

関連記事

「XMで口座を開設したけど、合わなくて退会したい」という方や「XMで口座をいくつか作ったけどそのうちの一つを解約したい」という方もいらっしゃるかと思います。 もう取引しないから不要だけど退会とか解約は面倒くさそうだからと放置していると[…]

XMの退会方法や口座解約方法

まとめ

XMで口座凍結・休眠となる条件やなるとどうなるのか見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • 90日利用がないと口座が休眠になる
  • 休眠後、残高がなくなり90日経過すると口座が凍結される
  • 口座凍結されると利用再開はできず、口座開設をしなおすしかない

XMでは口座凍結と休眠があり、90日利用がないと口座が休眠になります。

口座が休眠になると口座維持手数料が毎月5ドルかかり、口座から引かれていきます。

休眠後、残高がなくなりさらに90日経過すると口座が凍結され、入金や新規注文はもちろん、会員ページへのログインなど一切の機能が利用できなくなります。

口座凍結されるとその口座での利用再開はできず、口座開設をしなおすしかなくなります。

口座凍結には最低でも180日間かかりますが、半年後にトレードを再開したい人もいると思います。

その際は新規に口座開設をしなおすしかないので、サクッと新たに口座開設をしなおしましょう。

XMの口座開設は3分ほどですぐに開設できるので、それほど手間なく開設できますよ。

XMの詳細を見てみる


海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得