XMのスマホアプリのダウンロード方法、取引のはじめ方

  • 2019年10月5日
  • 2019年10月28日
  • XM, MT4, MT5
XM XM スマホアプリ

XMではスマホアプリが複数提供されていて、スマホでも手軽にトレードすることができます。

いつでもどこでも取引できるので、スマホアプリだけでトレードをしている投資家も多くいます。

普段はPCでトレードしている人でも、スマホアプリがあるといざという時にすぐトレードできるので、メインはPCでもスマホアプリでトレードできるようにしておくと便利です。

このようにスマホアプリはFXトレーダーにとって必須というべきツールですので、本ページではXMで提供されているスマホアプリの種類やダウンロード方法、取引のはじめ方をまとめました。

これからXMのスマホアプリを使いたい人は、参考にしていただければと思います。

なお、アプリを利用するにはXMでリアル口座を開設しておく必要がありますので、口座開設がまだの人はこちらを参考にしてみてください。

あわせて読みたい

XMのスマホアプリの種類と使える人

XMのスマホアプリは3種類

XMのスマホアプリ
  • MT4アプリ(MT4のみ)
  • MT5アプリ(MT5のみ)
  • XM専用アプリ(MT5のみ)

XMのスマホアプリには、「MT4アプリ」「MT5アプリ」「XM専用アプリ」の3種類があります。

口座によって利用できるスマホアプリが決まっていて、MT4アプリはMT4口座を開設した人のみ、MT5・XM専用アプリはMT5口座を開設した人のみ利用できます。

XMのスマホアプリそれぞれの特徴

XM スマホアプリXM スマホアプリ

各アプリの特徴を簡単に説明すると、MT4、MT5のアプリはトレードに特化していて、チャート分析からトレードがしやすいアプリになっています。

またMT4・MT5のアプリになっているので、XM以外のFX会社の口座でトレードすることも可能です。

MT4とMT5のアプリはほぼ同じ作りになっていて、違いはほとんどありません。

XMアプリは口座管理機能が充実

XM スマホアプリ

XMアプリは口座管理機能が充実していて、アプリ上で入出金したりレバレッジの変更などが可能になっています。

トレードについても普通に行うことはできますが、チャートを横画面にしないとインジケーターが表示できないなど一部制約があり、トレードだけを見るとMT4・MT5の方が使い勝手は良くなっています。

また、XMアプリという名前の通り、FX会社はXMのみ利用可能になっています。

特徴にあわせて自分が使いたいアプリを選んでいきましょう。

なお、アプリは1つ選ばないといけないわけではなく、MT5の人であればMT5アプリとXMアプリを両方ダウンロードして使いやすい方をメインにしていくのも良いと思います。

XMのスマホアプリのダウンロード方法

XMのスマホアプリをダウンロードするには、XMの公式サイトからダウンロードするか、iPhone・iPadの人はAppStore、Androidの人はPlayストアでダウンロードする方法があります。

すべてのアプリを同じ方法でダウンロードできます。

XMの公式サイトからダウンロード

XMの公式サイトでは、公式サイトのメニューからプラットフォームを選択します。

XM スマホアプリ

するとメニューが展開されて、スマートフォンの中に「iPhone対応MT4」「Android対応MT4」「iPhone対応MT5」「Android対応MT5」が表示されますので、ダウンロードしたいアプリを選択します。

XM スマホアプリ

各アプリの紹介ページが表示され、画面上部にアプリストアへのリンクがありますので、ボタンをクリックします。

以下は例としてAndroid対応MT5のページですが、こちらのGooglePlayのボタンを押せばダウンロード画面に進みます。

XM スマホアプリ

ダウンロード画面では対象のアプリのインストールボタンをクリックすればダウンロードが進みます。

XM スマホアプリ

AppStore・Playストアでダウンロード

AppStore・Playストアで直接ダウンロードすることもできます。

直接ダウンロードするには、各ストアの検索画面で「XM」「MT4」「MT5」などで検索すると対象のアプリが表示されますので、インストールボタンをクリックしてダウンロードを開始します。

XM スマホアプリ

少し待てばダウンロードとインストールが完了して、アプリを利用することができるようになります。

XMのスマホアプリのログイン方法

XMのスマホアプリを起動したらログインをしていきます。

MT4アプリのログイン方法

MT4アプリは初回起動すると、ログインする口座を選択する画面が表示されますので、「既存のアカウントにログイン」を選択します。

すると、サーバーの選択画面になりますので、検索画面上で「XM」と入力して、自分のサーバーを選択します。

XMのサーバー名は口座開設時のメールに記載されていますので、確認しておきましょう。

サーバーを選択後、ログイン画面が表示されますので、MT4口座のID、パスワードを入力してログインをします。

XMのMT4口座のIDはサーバー名と同じく口座開設時のメールに記載があり、パスワードは口座開設時に自分で設定したものですので、そちらを入力していきましょう。

MT5アプリのログイン方法

MT5アプリ、XMアプリはMT5口座でログインをします。

MT5アプリのログイン方法はMT4アプリと同じです。

MT4口座と同様にMT5口座もID、パスワード、サーバー名が必要になります。

ID、サーバー名はメール、パスワードは口座開設時に自分で設定したものを入力をします。

XMアプリのログイン方法

XMアプリは起動後に「MT5取引ログイン」をタップするとログイン画面に進みます。

ログイン画面ではMT5のIDとパスワードを入力してログインをします。

ログインが完了すると気配値画面が表示されます。

各アプリともにログイン画面はシンプルでよくあるアプリのログインですので、ID・パスワード・サーバー名がわかればログインに戸惑うことはないと思います。

ログインを記憶させておけば、2回目以降は自動的にログインできますので、毎度ログインをする必要もありません。

XMのスマホアプリの取引のはじめ方

ログインができたら、いよいよ取引をはじめることができます。

MT4・MT5アプリでは気配値画面で取引したい通貨ペアをタップすると、メニューが表示されますので、新規注文を選択します。

XM スマホアプリ

注文画面が表示されますので、数量を選んで買いパネル、売りパネルをタップすると注文完了です。

成行注文なのですぐに約定してポジションを持てます。

画面最上部に注文方式を選択する画面がありますので、成行注文以外に指値、逆指値など予約注文をすることもできます。

XM スマホアプリ

予約注文では、指値価格や利確ライン、ロスカットラインなど各注文方法で必要な項目を入力して発注ボタンをタップします。

保有しているポジションはアプリ下部メニューのトレードから確認することができます。

XM スマホアプリ

ポジション部分を長押しすることで、決済注文を出すこともできます。

感覚的に操作可能ですので、機動的に取引できるようになるので良いですね。

どうしても画面が小さいのでチャート分析などはPCのほうがしやすいですが、値動きや簡単なチャート分析であれば十分スマホアプリで可能ですので、どんどんスマホアプリに慣れていきたいですね。

まとめ

XMのスマホアプリについて見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • XMのスマホアプリは3種類
  • アプリによって利用できる口座が異なる
  • XM公式サイトからダウンロードできる

XMのスマホアプリは3種類があり、MT4アプリMT5アプリXM専用アプリがあります。

アプリによって利用できる口座が異なり、MT4アプリはMT4口座のみ、MT5アプリとXMアプリはMT5口座のみ利用することができます。

スマホアプリはXM公式サイト経由でダウンロードできるので、自分が持っている口座にあわせてスマホアプリでXMを利用してみてください。

スマホアプリを利用するには、まず口座開設が必要になりますので、まだ口座開設をしていない人はまずXMで口座開設をしてみましょう。

XMの詳細を見てみる

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得