Trading Viewで4つ以上のインジケーター(移動平均線)を表示する方法

Trading ViewはWebブラウザ上で動作するチャートで、高機能な分析ツールやインジケーターなどを備えています。

100種類以上あるインジケーターの中でも、最も多く用いられるのは移動平均線でしょう。

移動平均線を複数表示することで、相場の分析に役立ちます。

この記事では、Trading Viewで四つ以上のインジケーター(移動平均線)を表示する方法を紹介します。

Trading Viewで四つ以上のインジケーター(移動平均線)を表示する方法

Trading Viewで四つ以上のインジケーター(移動平均線)を表示する方法

Trading Viewには四つのプランが存在し、無料が一つ、有料が三つで、それぞれチャート上に一度に表示できるインジケーターの数が定められています。

無料プランのBASICは最大三つ、有料プランのPROは最大五つ、PRO+は最大10個、PREMIUMは最大25個です。

通常、Trading Viewで四つ以上のインジケーターを表示させるにはPRO以上の有料プランにする必要がありますが、移動平均線は、一度に四つ以上を表示させることが可能です。

Trading Viewのチャートに移動平均線を表示するには、チャート上部の「~」アイコンをクリックするか、チャート上を右クリックします。

ポップアップで表示された画面で、「MA」もしくは「移動平均線」と入力すると、複数の移動平均線が表示されます。

よく用いられるのが、移動平均線(SMA)・指数平滑移動平均線(EMA)・加重移動平均戦(WMA)などの内蔵されているインジケーターです。

しかし、Trading Viewでは公開ライブラリのインジケーターも利用することができます。

公開ライブラリには、世界中のTrading Viewユーザーが公開したインジケーターがあり、その中には複数の移動平均線を表示することができるインジケーターも含まれます。

移動平均線を4本表示するには、ポップアップで表示された画面で「4本」と入力しましょう。

すると、移動平均線が4本表示されるインジケーターの候補がいくつか出てくるため、「いいね!」の数や作成者の評価などを基準に使ってみましょう。

表示された移動平均線は期間の設定が可能で、例えば1本目を7日、2本目を28日、3本目を100日、4本目を200日などに変更できます。

複数の移動平均線を表示させると、交差するポイントで買いや売りのサインとなったり、決済するポイントが分かったりするため、活用をしましょう。

まとめ

Trading Viewで4つ以上のインジケーター(移動平均線)を表示する方法のまとめ

Trading Viewで四つ以上のインジケーター(移動平均線)を表示する方法について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • Trading Viewでは無料プランのBASICでも4本の移動平均線を表示することが可能
  • 公開ライブラリを利用すると、世界中のユーザーが作成したインジケーターが利用できる
  • 複数の移動平均線を表示させるとトレードに活用でき、便利

移動平均線を複数表示させると、交差するポイントで買いや売りなどができて便利です。

Trading Viewには多くの優れたインジケーターがあり、内蔵されているものの他、公開ライブラリで世界中のトレーダーが提供するものも利用可能です。

四つ以上の移動平均線を一度に表示することも可能なため、他のインジケーターも含め、相場分析に役立てましょう。

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得