Trading Viewの無料プランでできることとできないこと

高性能なチャートツール「Trading View」には、無料プランと有料プランがあります。

無料プランは、広告が表示される他、同時に表示できるインジケーター数やアラート登録数が制限されるなどのデメリットもありますが、Trading Viewに備わる多数の機能を使うことができます。

この記事では、Trading Viewの無料プランでできることとできないことについて紹介します。

Trading Viewの無料プランでできることとできないこと

Trading Viewの無料プランでできることとできないこと

トレーディングビュー株式会社が開発したTrading Viewは、標準で100種類以上のインジケーターおよび、50種類以上の描画ツールが利用できます。

無料プラン「BASIC」でも、これらのインジケーターや描画ツール、その他の基本的な機能が利用可能です。

チャートを確認する程度であれば、BASICでも申し分ありません。

また、特に初心者はあまり多くの機能があると逆に使いにくくなります。

そのため、まだ初心者トレーダー、もしくはTrading Viewの操作に慣れない間は、無料プランのBASICの利用がおすすめです。

無料プランは、チャートの画面表示が1面のみです。

有料プランになると最大2~8面をウィンドウ内に表示できるようになります。

より多くの情報を比較したい場合には無料プランは不向きですが、利用デバイスの画面が小さい場合や、複数のチャートを見比べる必要がなければ、無料プランで十分です。

無料プランで、チャートに表示可能なインジケーターは最大三つです。

利用するインジケーターは100種類以上と豊富ですが、例えば短期移動平均線・中期移動平均線・長期移動平均線・ストキャスティクス・MACDなど多数のインジケーターを同時に利用したいなら、有料プランにするほかありません。

また、一目で価格ごとの出来高が把握できる「出来高プロファイル指標」や、時間足をカスタマイズできる「カスタム時間足」など、有料プランでないと使えない便利な機能もあります。

無料プランでも、簡単なチャートの確認や、三つのインジケーターに加えて描画ツールを利用したトレンドラインなどで十分であれば、利用価値があります。

さらに、Trading Viewには非常に充実したSNS機能があり、無料プランでも世界中のトレーダーによる投資アイディアを自由に閲覧・投稿できます。

そこで得た情報を自分のトレードに活用することが可能ですが、有料プランにするとさらにカスタムチャットルームの作成など、より高度な使い方ができるようになります。

Trading Viewで利用したインジケーターの設定などのチャートレイアウトは、無料プランでも1件のみ保存できます。

トレード環境を頻繁に切り替える必要がある場合は、5件~無制限にチャートレイアウトが保存できる有料プランを検討しましょう。

また、Trading Viewには関連銘柄をまとめておく「ウォッチリスト」が利用できます。

これは、通貨ペアの種類や仮想通貨、CFDなど様々な関連銘柄をまとめておく機能で、無料プランでも一つつくることが可能です。

有料プランにすると、無制限にウォッチリストをつくることが可能です。

そして、市場であなたが設定した条件に一致した場合に通知してくれるアラート機能を、無料プランで一つのみ利用できます。

より多くのアラート機能を使い、トレードチャンスをつかみたいかたは、最大10~400個のアラートが設定できる有料プランがおすすめです。

その他、無料プランでは高速データ更新や追加リアルタイムデータの購入、複数デバイスでの利用、専用バックアップ回線の利用、サポートセンターへの相談など、利用できない機能が多くあります。

有料プランと比較してみたい場合は、30日の無料体験が可能なため、無料プランとどう違うか比べてみても良いでしょう。

まとめ

Trading Viewの無料プランでできることとできないことのまとめ

Trading Viewの無料プランでできることとできないことについて見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • Trading Viewの無料プランには基本的な機能が備わっている
  • 有料プランと比較すると無料プランには多くの制限がある
  • 有料プランは30日無料体験が可能

Trading Viewは、無料プランでもトレードに必要な情報を得ることができ、十分に使えるチャートツールです。

100種類以上のインジケーターを使うことができ、Trading View独自のSNS機能が利用できるなど、無料プランだけでも利用価値が高いです。

その反面、チャート表示が1面のみ、利用可能デバイスが一つ、アラート機能やチャートレイアウトの保存・ウォッチリストなども一つしか利用できないなど、有料プランと比較すると無料プランは物足りない側面があります。

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得