Tradeviewの金融ライセンスと安全性、評判

  • 2021年8月17日
  • 2021年8月17日
  • Tradeview

FXで、勝つためにより精密なチャートを使いたい、スプレッドを小さくしながら安全にトレードしたいかたにおすすめなのが、Tradeviewという海外FX業者です。

Tradeviewは日本語にも対応しており、サポート体制も整っているという意味でもおすすめです。

この記事では、Tradeviewの会社概要とTradeviewが保有している金融ライセンス、Tradeviewの信頼性の高さとその理由について紹介します。

Tradeviewの会社概要とTradeviewが保有している金融ライセンス

Tradeviewの会社概要とTradeviewが保有している金融ライセンス

Tradeviewを運営するTradeview Ltd社は、2004年に創業した金融会社です。

設立当初より金融ファンド向けにFXサービスを提供していましたが、2013年より個人向けFXサービスを開始しました。

その際に、ケイマン諸島の金融ライセンス「CIMA」を取得しています。

その後も、業界に先がけて2015年にビットコインの入出金に対応したり、MT5プラットフォームによる米国株などの現物取引を可能にしたりと、最先端の取引ツールを提供し続けています。

Tradeview Ltd社のオフィスはアメリカのニューヨーク州マンハッタンにあり、そこで営業や技術開発、顧客サポートなどを行っていますが、本社は金融ライセンスの関係でイギリス領ケイマン諸島に所在しています。

ケイマン諸島はタックスヘイブンであるため、世界中の金融機関が集まっています。

CIMAはケイマン諸島金融庁が発行するライセンスを意味し、自己資本比率を含むとても厳しい基準で金融ライセンスの審査を行っています。

また、Tradeviewの取引サーバーはEquinix社のロンドンのデータセンター内に設置されています。

Equinix社は、世界中の大手金融機関が参加し、中立的な相互接続の場を提供する、信頼性の高いデータセンターです。

Tradeview の詳細を見てみる

Tradeviewの信頼性の高さとその理由

Tradeviewの信頼性の高さとその理由

Tradeviewは、世界的に取得が難しいとされる、CIMAの金融ライセンスを取得しています。

ケイマン諸島金融庁が発行するライセンスCIMAは、証券監督者国際機構(IOSCO)に加入しており、世界トップクラスの信頼性の高さをほこります。

Tradeviewは2013年にいち早くCIMAを取得しており、現在に至るまで継続して金融ライセンスを保持していることが、信頼性の高さの大きな理由です。

Tradeviewに預けた資金の保管方法は、信託銀行への分別管理となっています。

Tradeview自体の運転資金と顧客の資金はサンタンデール銀行にて分別管理されており、完全に切り離されているため、万が一Tradeviewが経営破綻した場合でも顧客資産が保護されるしくみとなっています。

さらに、外部監査機関FundAdministrationが信託契約によりその資金を監査および管理しており、信託保全制度で最大35,000米ドル分までの顧客資産の補償もされています。

また、Tradeviewは情報開示を積極的に行っており、ライセンスリストの開示や年間報告書の公開、外部監査役による監査証明の開示など他の業者は隠したがる情報まで徹底して公開しています。

このような情報開示は、トレーダーが取引を安心してできるための措置で、トレーダーが不利にならないようにとの企業理念を見てとることができます。

Tradeviewの取引ツールはスプレッドがとても小さく、インジケーターも使いやすいのが特徴です。

取引プラットフォームも3通り用意され、ハイスペックなトレード環境が整備されています。

そして、追証なしのゼロカットシステムを採用しているため、相場の急変動時に安心できます。

入出金方法はいくつかありますが、取引手数料が安くスピーディーに決済されるbitwalletの利用が最もおすすめです。

Tradeviewでは、2016年より日本人向けサービスを開始し、2020年よりそのサービスをペルーに移行しています。

全てのサービスが日本語対応しているわけではなく、一部英語の文章もありますが、基本的なトレードの操作は日本語のみ理解できれば一通りできます。

また、日本人スタッフが常駐しているのも安心材料です。

Tradeviewの取引方式は、NDD(ノンディーリングデスク)方式です。

NDD方式とは、投資家とインターバンクが直接取引するため、透明性や信頼性が高く、取引スピードも速いという特徴があります。

そのため、ディーラーの都合で勝手に約定されたり、注文が拒否されたりする心配なく、安心してトレードに集中できます。

スキャルピングを利用して短期売買で稼ぎたいかたは、スキャルピングが禁止されておらず、取引銘柄が100以上と豊富で、スプレッドも小さいTradeviewはとても適しています。

Tradeview の詳細を見てみる

まとめ

Tradeviewの金融ライセンスと安全性、評判のまとめ

Tradeviewの会社概要とTradeviewが保有している金融ライセンス、Tradeviewの信頼性の高さとその理由について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • Tradeviewは2013年にケイマン諸島の金融ライセンス「CIMA」を取得している
  • Tradeviewの信頼性はとても高い
  • Tradeviewには日本語サポートサービスがある

Tradeviewは2013年に個人向けFXサービスを開始した際に、取得が難しいとされるケイマン諸島の金融ライセンス「CIMA」を取得しました。

そのため、世界トップクラスの信頼性があります。

さらに、Tradeviewには顧客資金の分別管理および信託保全制度、追証なしのゼロカットシステムの採用、取引方式をNDD方式にしている、日本人スタッフによるサポートを受けることができるなど、数多くの信頼性を高める工夫があります。

Tradeview の詳細を見てみる

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得

 

 

おすすめ海外FX会社ランキング

各海外FXの特徴をまとめて、総合的におすすめの海外FXを紹介しています。

どういった人におすすめの海外FXなのかも紹介していますので、新たに利用したい海外FXを探している人はぜひ参考にしてください。

各海外FX会社のレバレッジや入金、登録ボーナスも一覧にしています!

\登録・入金でもらえる高額ボーナスを一挙獲得/
おすすめ海外FXランキング