Titan FXの取得ライセンスと安全性

数ある海外FX業者の中から、利用する業者を選ぶ基準はさまざまですが、海外FX業者だと安全性や信頼性を気にされる方も多いかと思います。

利用者の評判はもちろん、運営歴の長さ金融ライセンスの取得状況も安全性や信頼性の判断材料になります。

この記事では、スプレッドの狭さ約定力の高さで日本でも人気の海外FX業者、Titan FXの取得ライセンスと安全性について紹介したいと思います。

Titan FXが取得しているライセンスは?

Titan FXを運営している「TI Securities Limited」は、2018年6月21日にバヌアツ共和国金融当局(VFSC)のライセンスを取得しています。

Titan FX バヌアツライセンス

法人名 TI Securities Limited
所在地 1st Floor, Govant Building, Kumul Highway Port Vila, Vanuatu
登録番号 40313
登録日 2017年5月18日
ライセンス 金融商品および証券等取扱許可
ライセンス取得日 2018年6月21日
金融監督機関 バヌアツ共和国金融当局(VFSC)

参考:バヌアツ金融庁(VFSC)Titan FX 公式FAQ

バヌアツライセンスは安全?

バヌアツライセンスが安全かの前にまず、Titan FXがなぜバヌアツライセンスを取得したのかについて説明します。

なぜバヌアツライセンスなの?

Titan FXは以前、「Pepperstone」という名前で日本人トレーダーに大人気のFX業者でした。

Titan FXがバヌアツライセンスを取得した理由には、Pepperstoneの日本撤退が背景にあります。

Pepperstoneはオーストラリア証券委員会(ASIC)のライセンスを取得していました。

しかし、オーストラリア金融庁は日本の金融庁と関わりが深く、日本の金融庁がオーストラリア金融庁に圧力をかけたため、Pepperstoneは日本から撤退せざるを得なかったのです。

そのため、Titan FXは日本の金融庁との関わりが薄く、圧力を受けにくいバヌアツライセンスを選んだと考えられます。

Titan FXのほかにも、たくさんの日本で有名な海外FX業者が、日本撤退を恐れてマイナーなライセンスを取得しています。

結局のところ、安全なの?

バヌアツライセンスはあまり聞き馴染みがなく、安全性に疑問を持つ方も居るかと思います。

たしかに、厳しいと言われる英国ライセンス(FCA)キプロスライセンス(CySEC)と比べると、比較的緩いため、絶対安全とは言い切れません。

しかし、ライセンスを取得すると金融庁からの監視を受けることになり、不正行為や出金拒否など、トレーダーの不利になる行為を行うとFX業者側が罰せられたりライセンスを剥奪されてしまうため、悪事を働こうとしているFX業者はそもそもライセンスを取得しないと思います。

また、現在のバヌアツライセンスを取得する前は、取得が難しいと言われるニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)の金融ライセンス(登録番号:FSP388647)を取得していました。(現在は解除されています。)

Titan FXはNDD方式を採用しており、取引の透明性が高く、出金拒否などの悪い噂もSNSで探しても見つかりません。

私自身も出金拒否にあったことはなく、信頼性は高いと感じています。

ほかの海外FX業者の取得ライセンス

日本で有名なFX業者の取得ライセンスをいくつかご紹介します。

有名海外FX業者の取得ライセンス
  • XM:セーシェル金融庁(FSA)
  • (グループ会社は英国金融行動監視機構(FCA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)、欧州計10か国で金融業者登録済み)

  • GEMFOREX:ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)
  • AXIORY:ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)
  • Tickmill:セーシェル金融庁(FSA)
  • (グループ会社は英国金融行動監視機構(FCA)に登録)

日本人利用者数NO.1のXMのセーシェルや、AXIORYのベリーズなど、人気FX業者もマイナーなライセンスを取得しています。

ライセンスを取得しているか確認する上で大切なのは、「日本人向け法人がライセンスを取得しているか」です。

グループ会社が取得しているライセンスを、あたかも日本人向け法人が取得しているかのように記載しているホームページもあるので注意が必要です。

まとめ

この記事では、Titan FXの取得ライセンスと安全性について紹介しました。

ポイントは以下になります。

まとめ
  • Titan FXはバヌアツライセンスを取得している。
  • バヌアツ共和国金融当局(VFSC)のライセンスは安全性が高いとは言い切れないが、Titan FXは出金拒否などの悪い噂が一切なく、真っ当に運営されている
  • 海外FX業者の中には、グループ会社が取得しているライセンスをあたかも日本人向け法人が取得しているかのように記載している業者もいるため注意が必要

ホームページに虚偽のライセンスを記載していたり、以前登録されていても問題を起こした等の理由で登録が抹消されている業者もいるので、不安な場合はライセンス取得国の金融庁の公式ホームページで確認しましょう。

バヌアツライセンスはマイナーですが、ライセンスを取得せず運営している業者もいる中、きちんとライセンスを取得している所は評価できます。

また、運営が開始されたのは2014年で運営歴は長いとは言えませんが、実際に利用していて、問い合わせ対応の早さや入出金のスムーズさから、海外FX業者の中で優良な方だと思いますので、おすすめの海外FX業者です。

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得