STICPAYの口座開設方法と注意点

この記事では、STICPAYの口座開設方法や注意点などを紹介しています。

STICPAYの登録はおおよそ3分ほどで完了するので、まだ登録していない方はこの記事を参考にしていただけたら幸いです。

まずはSTICPAYについて紹介します。

STICPAY(スティックペイ)とは?

STICPAYはbitwallet同様、日本語完全対応のオンライン決済サービスで、オンラインカジノや海外FX業界で採用されています。

世界で数百万人に利用されており、STICPAYに入金しておくと、現実のお金のようにショッピングFXトレード送受金などが可能です。

STICPAYでできること

STICPAYでは以下のことが可能です。

①入金
②出金
③送金
④決済
⑤受取

入金・・・STICPAY入金には国内銀行振込・海外銀行送金・クレジット/デビットカード・UnionPay・bitcoin(ビットコイン)・litecoin(ライトコイン)・ethereum(イーサリアム)が利用できます。

※国内銀行入金でのギャンブルサイト(カジノなど)への資金送金は禁止されています。

出金・・・銀行振込・UnionPay・STICカード・bitcoin・litecoin・ethereumが利用できます。

以前はMasteCardブランドのSTICPAYカードでの出金が可能でしたが、現在利用を停止しており、4月から新しくUnionPay(銀聯)ブランドのプリペイドカードの発行が開始されました。

以前のSTICPAYカードはMasterCard提携ATMでの入出金が可能でしたが、UnionPayのカードはUnionPayと提携しているATMや店舗でしか利用できないので注意してください。

送金・・・国内銀行送金・海外銀行送金・暗号通貨が利用できます。

手数料が安く、送金時間も短いため海外にいる家族や友人、知り合いに素早く送金することも可能です。

受取・・・銀行出金・STICPAYプリペイドカードが利用できます。

銀行出金の場合は、現地で銀行出金の申請をし受け取ります。

STICPAY口座開設の流れ

STICPAYの口座開設の流れを、登録方法必要書類書類の提出方法の3つに分けて説明します。

STICPAYの登録方法

まず、STICPAYの登録方法を紹介します。

TitanFX STICPAY登録方法
①STICPAYの公式サイトを開き、画面真ん中の「口座開設」をクリック

STICPAY登録方法
STICPAY登録方法
②STICPAYの口座開設画面が表示されるので情報を入力します。

すべて入力必須項目です。
メールアドレス・・・STICPAYからメールが来ることもあるので、よく利用するメールアドレスを入力しましょう。

名前・・・口座開設者の名前を半角英数字で入力します。
(例)太郎→TARO

苗字・・・口座開設者の苗字を半角英数字で入力します。
(例)高橋→TAKAHASHI

生年月日・・・ログインの際に必要になります。正しいものを入力しましょう。

入力欄右のカレンダーマークをクリックすると、年→月→日の順に選択できます。

数字のみを入力しても、下記のように変換して入力してくれます。
(例)19850115→1985-01-15

パスワード・・・パスワードには、少なくとも小文字1つ大文字1つ数字1つが含まれていなければなりません。
※パスワードはログイン時に必要なので、忘れないようにメモなどをとっておきましょう。

国名・・・最初からJapanが選択されているので、触らなくて大丈夫です。

通貨・・・お好きな通貨を選択します。

※口座開設後に通貨の変更はできないのでご注意ください。

③入力が完了したら、「次へ」をクリックします。

④携帯電話番号を入力し、「SMS発送」をクリックします。

⑤STICPAYからショートメールが届きます。

※SMSの受信がうまくいかない場合は、電話番号の最初の0を取ってSMS発送してみましょう。

⑥4ケタの確認番号を入力し、「コード確認」をクリックします。

5分以内に入力しないと確認番号は無効になるので注意してください。

⑦確認完了後、「送信」をクリックします。

⑧STICPAYの管理画面に、メールアドレス・生年月日・パスワードを入力しログインします。

※認証コードは、設定していない場合は入力しなくて大丈夫です。

⑨STICPAYから登録完了のメールが届きます。

※この時点では、まだ口座は利用できません。

口座開設に必要な証明書類

STICPAYの登録には本人確認書類などは必要ありませんが、登録しただけでは口座を使うことができません。

口座を活用するためには以下のものが必要です。

身分証明書

・パスポート
・運転免許証
・マイナンバーカードor顔写真付き住民カード

住所確認書類

・健康保険証(住所記載のもの)
・住民票
・公共料金の請求書
・銀行もしくはクレジットカードの利用明細書

※住所確認書類は発行から3か月以内のものでなければなりません。

本人確認書類の提出方法

先ほど紹介した書類の提出方法を説明します。

①STICPAYにログインし、「書類」の中の「口座」をクリックします。

②画面の上の方に「お客様のアカウントは制限的にご利用いただけます。必要な書類をご提出ください。」と表示されているので、クリックします。

③身分証明書と居住証明書を提出する画面が表示されるので、先ほど紹介した書類を1つずつ写真を撮ってアップロードします。

④住所を記載する欄があるので、居住証明書と同じ住所を入力します。

※住所の入力はローマ字入力です。

⑤すべて入力したら、STICPAY利用規約とプライバシーポリシー同意のボックスにチェックし、「送信」をクリックします。

⑥これでアップロードは完了です。

⑦STICPAYより、アカウント審査中のメールが届き、審査が完了すると再度メールが届きます。

審査完了のメールは数分~遅くても2営業日ほどで届きます。

⑧アカウント承認のメールがきたらログインし、口座の認証ができたことを確認しましょう。

これで、口座を利用できるようになります。

STICPAY口座開設の注意点

必要情報の入力が完了し、STICPAYから登録完了メールが届いても、本人確認書類や居住証明書を提出しなければ口座は活用できないので、書類のアップロードも忘れず行いましょう。

書類提出時の住所を記載する欄には、居住証明書と同じ住所を入力しないと認証しないのでご注意ください。

まとめ

今回はSTICPAYの口座開設方法や注意点について紹介しました。

STICPAY口座開設のポイントは以下になります。

まとめ
  • 口座開設の所要時間は3分ほど
  • 口座開設の申請は必要書類が特になく、メールアドレスのみで可能
  • 本人確認書類を提出すれば、口座のすべてのサービスを利用できる

STICPAYの口座開設の申請はおおよそ3分ほどで完了し、手元に必要書類が無くても口座を作ることができます。

口座を活用するには本人確認書類が必要なので、すぐに利用したい方は続けて本人確認書類の提出も完了させましょう。

STICPAYでは入出金送金決済受取などができ、様々なシーンで利用が期待できるので、口座を持っていない方は開設を検討してみてはいかがでしょうか。

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得