海外FXで起こる出金拒否の恐怖と起こる理由、避ける方法

海外FXにおけるトラブルで特に多いのが、出金拒否です。

出金拒否されてしまうと、海外FXで得た利益を受け取ることができず、をしてしまいます。

この記事では、海外FXで起こる出金拒否の恐ろしさと出金拒否が起こる理由、過去に出金拒否があった海外FX業者、出金拒否を避ける方法を紹介します。

海外FXで起こる出金拒否の恐ろしさ

海外FXで起こる出金拒否の恐ろしさ

出金拒否は、口座凍結とセットで行われることが多いです。

現実には、国内FX業者による出金拒否の方が多く発生します。

その理由は、スキャルピングが禁止されていること、規約の記述があいまいなこと、DD方式を採用しているためFX業者とトレーダーとの利益が相反することなどです。

とはいえ、海外FXで起こる出金拒否には、特有のリスクも存在します。

まず、海外FX業者は日本の金融庁に登録されていないリスクです。

金融庁に登録されていないということは、日本の金融ライセンスを持っていないことを意味します。

金融庁に警告を受けている海外FX業者もありますが、もし金融庁に登録すると最大レバレッジが25倍に抑えられる上、ゼロカットを行うことができなくなるため、登録をしていないという事情があります。

ただし、信頼できる海外FX業者は、どこかの国が発行する金融ライセンスを取得しています。

無登録業者だと、経営上問題を抱えて破綻するリスクや、そもそも最初から詐欺をはたらく目的の業者もあるため、注意が必要です。

また、海外FXで出金拒否された場合、ていねいな日本語サポートがないと、トラブルの解決に時間がかかるリスクがあります。

日本における営業実績が短い海外FX業者では、片言の日本語サポートしかできないことがあるため、いざ出金拒否された場合の恐ろしさは、海外FXの方が大きいでしょう。

海外FXで出金拒否が起きる理由

海外FXで出金拒否が起きる理由は、あなたがなんらかの規約違反をした場合と、その海外FX業者自体に何らかの問題がある場合に分けられます。

そのうちで多いのは、以下のような規約違反です。


規約違反

スキャルピング

多くの海外FX業者では、スキャルピングを禁止していません。

しかし、一部ではスキャルピングが禁止されており、それを繰り返すと口座が凍結され、出金拒否されてしまいます。

NDD方式を採用している場合は、たいていスキャルピングしても問題ありませんが、中には国内FX業者と同じようにDD方式を採用しており、その場合はスキャルピングは危険です。


証拠金維持率が一定以下

海外FXで未決済のポジションを持っている場合、証拠金維持率が一定以下だと出金が拒否もしくは制限される可能性があります。

出金に必要な証拠金維持率は業者により異なります。

例えば、出金に際しXMは証拠金維持率が150%以上、AXIORYは証拠金維持率が100%以上必要です。

また、TitanFXの場合は剰余証拠金の90%までの出金制限があります。


別口座との両建て

海外FXでは、同一口座内で両建てを行うことは禁止されないことが多い反面、複数の口座での両建ては禁止されています。

両建ては、同じFX業者の別口座はもちろん、他のFXは、業者の口座も出金拒否の対象です。

両建てを行うと、同じタイミングで反対売買されているIPアドレスがシステムによって検出されるため、すぐにばれてしまいます。

あなたが両建てするだけでなく、家族や友人と共謀して両建てを行う場合も、両方の口座が凍結されてしまうため、注意しましょう。


重要指標や窓開けを狙ったトレード

FOMCや雇用統計などの重要指標や、日本時間の月曜日の早朝に隣り合うロウソク足が大きく開く窓開けなどを狙ったトレードを行うと、出金拒否される可能性があります。

通常のトレードであれば問題ないですが、重要指標や窓開けの時だけハイレバで大きな資金をつぎ込むなどのトレードを繰り返した場合、ゼロカットシステムを採用しているFX業者からすると倒産リスクにもつながりかねないため、出金拒否となります。


出金ルール違反

出金拒否が起きる原因で多いのが、キャンペーンなどでもらえるボーナスやボーナスを含む資金の出金をした場合です。

通常、ボーナスは証拠金として使うことは可能ですが、キャッシュバックの対象ではないため、出金できません。

公式Webサイトや業者から送られてくるメールなどに、ボーナスは出金できないことが明示されていることが多いため、確認不足が原因となっています。


出金方法のルールの理解が不十分

海外FX業者からの出金は、独特のルールがあり、それを理解していないと勘違いすることがあります。

まず、クレジットカードで入金した場合、マネーロンダリング防止の観点から、クレジットカード入金額が優先的に、入金額までしか出金できません。

海外銀行送金は多くの海外FX業者で行われていますが、英語表記のため誤記や入力ミスが生じやすく、少しのスペルミスでも出金拒否の対象となることがあります。

国内の銀行に出金する際に、大手の銀行であっても海外FX業者からの出金を受け付けないことがあります。

オンラインウォレットから手軽に出金できることもありますが、出金ルールの変更が行われる可能性もあり、以前使うことができた出金方法が使えなくなってしまうかもしれません。


海外FX業者自体に何らかの問題

海外FX業者自体に何らかの問題

海外FX業者自体に何らかの問題がある例は、一つもライセンスを取得していない、ホームページが突然閉鎖される、サポートに連絡しても返信がない、利益を上げすぎると出金拒否するなどです。

過去に出金拒否があった海外FX業者と避ける方法

過去に出金拒否があった海外FX業者と避ける方法

出金拒否の90%以上は、規約違反などトレーダー側に問題がある場合です。

規約に違反したトレードをした場合は、どの海外FX業者でも出金拒否されるため、規約に沿ったトレードを行うこと、そのために規約の大事な部分を熟読することが、出金拒否を避けるために最低限必要なことです。

LAND-FXはスキャルピングなどの禁止行為が多く、出金拒否などのトラブルが多く報告されています。

利益が出た場合だけでなく、損失が発生しても禁止行為を行うと出金拒否されたケースもあるなど、かなり厳しくルールを適用していると考えられます。

FXDDは老舗の海外FX業者ですが、2015年のスイスフランショックが起こった際に、ゼロカットシステムを反故にして、トレーダーに追証をかけ、事後に約定レートを変更するなどの行為を行っています。

さらに、複数の口座をもっていて、プラスの口座とマイナスの口座を相殺するなど、実質的に出金拒否となる方法をとりました。

その他、出金拒否が多く報告されている業者には、IronFX・youtradeFX・SEVENFX(日本では口座開設停止中)などが挙げられます。

無登録業者など、詐欺や不正を働く業者の場合は、そのような業者を利用しないことが最大の対策です。

ただ、悪質な業者かどうかを見分けるのは難しいこともあるため、大きな利益を上げる前にこまめに入金と出金を繰り返し、確実に出金されるかどうかを確認しましょう。

また、口コミなどの評判を参考に、確実に出金されるFX業者なのかを確認するのも有効です。

出金拒否を避けるには、悪質な詐欺業者を選ばないことと、利用する業者の規約を把握し、規約違反をしないことの二つが大事です。

まとめ

海外FXで起こる出金拒否の恐怖と起こる理由、避ける方法のまとめ

海外FXで起こる出金拒否の恐ろしさと出金拒否が起こる理由、過去に出金拒否があった海外FX業者、出金拒否を避ける方法について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • 海外FXで起こる出金拒否は、利用者の規約違反による場合が多い
  • 無登録の海外FX業者は、詐欺など問題がある可能性が高い
  • 信頼性の高い海外FX業者を選び、規約を遵守することが出金拒否を避けることにつながる

海外FXで出金拒否が起こる原因の多くは、スキャルピングが禁止されているのにしてしまう、出金のルールを理解していない、指標や窓開け狙いのトレード、両建てなどが主です。

未登録業者などでトレードすると、規約を守っていても出金拒否されることがあるため、出金の実績が高い業者や、日本人サポートが充実している業者を選ぶと安心です。

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得