IS6FXのロスカットルールと注意点

  • 2021年12月8日
  • 2021年12月7日
  • IS6FX

FXをする際には、業者ごとにもうけているロスカットルールを知っておくことが重要です。

ロスカットルールは、トレーダー保護のために必要ですが、損失にもつながるためです。

この記事では、IS6FXのロスカットルールと注意点について説明します。

IS6FXのロスカットルールと注意点

IS6FXのロスカットルールと注意点

IS6FXでは、証拠金維持率が50%を下回ったタイミングで、自動的にロスカットが行われます。

これにより、損失が大きく広がるのを防ぐ効果があります。

IS6FXには追証なしのゼロカットシステムがありますが、これが適用される場合でも口座残高はゼロリセットされ、口座の資金を全て失う結果となります。

IS6FXのロスカットルールは、他の海外FX業者と比較すると高めです。

証拠金維持率が20%を下回ってようやくロスカットという業者も少なくありません。

一方、国内FX業者の多くは、証拠金維持率が50%~100%で強制ロスカットされるため、それと比較するとやや低い水準です。

ロスカットの前に、証拠金維持率が70%を下回るとマージンコールが発動します。

マージンコールとは、もうすぐロスカットルールが適用されるという警告で、強制力はありませんが、参考になるため無視しないようにしましょう。

複数のポジションを保有している場合、損失額の大きなポジションから順次ロスカットされていきます。

そして、全体で証拠金維持率が50%を下回るまでロスカットは続いていきます。

ロスカットを頻繁にくり返してしまうと、稼ぐチャンスを逃したり、細かい損失が積み上がり、トータルで大きな損失になったりすることがあるため注意しましょう。

ロスカットを避ける方法

ロスカットを避ける方法は、いくつかあります。

まず、口座残高を高めに保つ方法が最も簡単です。

資金に余裕があるほど、ロスカットルールは適用されにくくなります。

次に、不要なポジションや先行きが不透明なポジションは、早めに決済しましょう。

損切りの注文を確実に入れておき、損失を最小限に抑える工夫も大事です。

さらに、レバレッジや購入通貨数を低くする方法も有効です。

ロスカットされるのが癖になってしまうと、損失を取り戻すために無謀なトレードをくり返すなど、リスクマネジメントができなくなるため、ロスカットは可能な限り避けましょう。

どうしてもロスカットをくり返してしまうかたは、IS6FX以外のロスカットルールが低く設定されている海外FX業者を選択するのも良いかもしれません。

まとめ

IS6FXのロスカットルールと注意点のまとめ

IS6FXのロスカットルールと注意点について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • IS6FXのロスカットルールは、証拠金維持率が50%を下回るとポジションが強制決済される
  • 証拠金維持率が70%を下回ると、マージンコールが発動する
  • ロスカットは可能な限りさけること

IS6FXでは、証拠金維持率が50%を下回るとポジションが強制決済されるというロスカットルールがもうけられています。

その前に、証拠金維持率が70%を下回ったタイミングでマージンコールが発動するため、早めにポジションを決済したり、証拠金を追加したりするなどの対策を取りましょう

複数のポジションを保有している場合、ロスカットは損失額の大きなポジションから順次、執行されていきます。

ロスカットされないように、証拠金やポジションごとの損益、チャートなどこまめにチェックする習慣をつけましょう。

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得

 

 

おすすめ海外FX会社ランキング

各海外FXの特徴をまとめて、総合的におすすめの海外FXを紹介しています。

どういった人におすすめの海外FXなのかも紹介していますので、新たに利用したい海外FXを探している人はぜひ参考にしてください。

各海外FX会社のレバレッジや入金、登録ボーナスも一覧にしています!

\登録・入金でもらえる高額ボーナスを一挙獲得/
おすすめ海外FXランキング