HotForexの両建てを活かして稼ぐ手法と両建てが禁止されるケース

  • 2020年6月1日
  • 2020年5月31日
  • HotForex

買い注文と売り注文を同時に行う両建ては、FXで大きく稼ぐトレード法の一つです。

FX業者によっては両建てが禁止されていますが、海外FX業者のHotForexは両建てが認められています。

この記事では、HotForexで両建てを活かして稼ぐ手法と、HotForexで両建てが禁止されるケース、およびペナルティと対処法について紹介します。

HotForexの両建てを活かして稼ぐ手法

HotForexの両建てを活かして稼ぐ手法

HotForexでは、同一口座内での両建てが認められています。

最大1,000倍のレバレッジをかけてトレードできるため、それをうまく活用すれば、大きく稼ぐことが可能です。

また、入金ボーナスなどのプロモーションも充実しているため、それを活かしたトレードも有効です。

HotForexでは約50種類の通貨を取り扱っており、そのうち日本円(JPY)とのペアとなる通貨はUSD・EUR・GBP・AUD・CAD・CHF・NZDです。

両建てに慣れていないうちは、JPYとの通貨ペアやEUR/USDなどでトレードするのがおすすめです。

HotForexで両建てを行う基本的な方法は、まず同一口座で同一銘柄の買い注文と売り注文を同じロット数で持ちます。

相場があまり動いていないタイミングや、トレンドが読めない場合は、ほぼ同時に買い注文と売り注文を執行しても良いでしょう。

相場が動いているときに、買い注文と売り注文をずらして執行すると、損失を少しでも回避することが可能です。

両建てを行うと、証拠金がゼロとなり、損失の拡大を防ぐ効果があります。

これにより、うまく損切りをしながら利益を確保することが可能です。

最終的に利益が出るように、エントリーや決済のタイミング、ロット数、スワップポイントなどを調整しながら行わないと、逆に損失が膨らむ可能性があるため、注意しましょう。

HotForexで両建てを活用して稼ぐ具体例として、相場が急変動しているトレンド相場の場合と、レンジ相場の場合を挙げます。

トレンド相場で、例えば急に暴落し、少し落ち着いたタイミングで両建てを執行します。

暴落するとその反動で元に戻ることが多いため、そのような場合に、売り注文を早めに決済して損切りし、買い注文の含み益を得ることができます。

レンジ相場の両建ては、初心者にも理解しやすい簡単な方法です。

同じ値幅を一定間隔で上下する場合に、下がったタイミングで買い注文、上がったタイミングで売り注文を繰り返すだけです。

大きく稼ぐことは難しいですが、低リスクでコツコツ利益を積み重ねることが可能ですが、レンジを抜けたタイミングで素早く損切りすることが大事です。

HotForexで両建てが禁止されるケースとペナルティ、対処法

HotForexで両建てが禁止されるケースとペナルティ、対処法

HotForexで認められている両建ては、同一口座内のみです。

HotForex内の複数口座間の両建てや、HotForexの口座と他のFX業者の口座間の両建ては禁止されています。

例えば、HotForexの一つの口座でUSD/JPNを買い注文し、HotForexの別の口座または他のFX業者で同じロット数のUSD/JPNを売り注文するような行為が禁止事項となります。

HotForex内の複数口座間の両建てはもちろん、他のFX業者の口座を利用した両建てを行っても簡単にばれてしまいます。

特に、HotForexも採用しているMT4やMT5などの取引プラットフォームは他の海外FX業者の多くも採用しているため、システムですぐに不正な両建てが判明します。

EAが自動的に両建てを行う可能性もあるため、EAなどの自動売買システムを利用しているかたは注意しましょう。

また、他人の名義を利用しての両建ても禁止事項になっています。

例えば、親や兄弟、友達の名義を使って行うトレードがこれに該当します。

この場合、HotForex側にばれる可能性はやや低くなりますが、同じタイミングで不審なトレードが行われていると判断されると、やはりペナルティが課せられます。

そのため、友達と協力して別口座で両建てを行い、利益を山分けするようなトレード方法も行ってはいけません。

上記のような、禁止されている両建てを行うと、ペナルティが課せられます。

新規口座の開設ができなくなり、入金ボーナス提供は停止、レバレッジが減らされる措置、さらには現在の口座が閉鎖される可能性もあります。

アフィリエイトを行っているかたは、ボーナス口座の開設停止や、アフィリエイト口座の閉鎖などの厳しいペナルティとなります。

これらのペナルティが課せられた後、サポートセンターにメール連絡で解除等の要請をすることは可能ですが、措置の継続が行われる可能性が高いです。

なぜなら、HotForexに限らず海外FX業者では、別口座間での両建てに対して厳しい監視の目を向けているためです。

トレーダーが違法な両建てを繰り返せば、特に追証なしのゼロカットシステムを採用している業者にとっては倒産のリスクさえあります。

ペナルティが課せられた場合、基本的には謝罪のメールを入れ、業者の判断に委ねるほかないでしょう。

軽度の違反である場合や、EAで自動的に両建てになるなどの場合は、比較的早くペナルティが解除される可能性があります。

まとめ

HotForexの両建てを活かして稼ぐ手法と両建てが禁止されるケースのまとめ

HotForexで両建てを活かして稼ぐ手法と、HotForexで両建てが禁止されるケース、およびペナルティと対処法について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • HotForexにおいては、同一口座内での両建てのみ認めている
  • HotForexの複数口座間の両建てや他のFX業者の口座間の両建て、他人名義口座を利用した両建ては禁止
  • HotForexで禁止されている両建てを行った場合のペナルティは重く、解除は困難

HotForexは両建てが認められていますが、同一口座内での両建てのみです。

複数口座間の両建てや他のFX業者の口座間の両建ては禁止されています。

また、他人名義の口座を自分の口座と偽って両建てする行為も禁止です。

禁止された両建てを行うと、様々な厳しいペナルティが課せられます。

同一口座内での両建てでも、うまく活用すれば稼ぐことは可能なため、はじめから禁止行為に該当する両建ては行わないようにしましょう。

HotForex の詳細を見てみる

海外FXなら人気No1のXM!

XMは日本人気No1の海外FXで、最大888倍のレバレッジ追証なしのゼロカットシステムが魅力です。

ボーナスが充実していることでも知られていて、登録だけで3,000円ボーナス、入金ボーナスは最大50万円分もらうことができます。

ボーナスだけのトレードも可能なので、海外FXならまずは人気No1のXMがおすすめです。

\入金ボーナス最大50万円/
XMのボーナスを今すぐ獲得